Thinking Skeever

Skyrim/The Witcher 3 Modについてのあれこれ。FoModの作り方、Mod導入時のトラブル事例などのニッチな話を書いていきます。a.k.a. BowmoreLover@nexusmods

Nexus Modsニュース和訳:去年の振り返りと今年の展望 (2018/1/11)

f:id:thinkingskeever:20180113015905j:plain

2018/1/11のNexus Modsニュース Year in review and looking forward(去年の振り返りと今年の展望)の和訳です
 
 
f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain
去年の振り返りと今年の展望
元記事:Year in review and looking forward
投稿者:Dark0ne (サイトオーナー)
投稿日:2018/1/11
 
目次

 
f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

はじめに

遅くなったけれど、みんなにクリスマスのお祝いと新年のご挨拶を申し上げる!

Webサイトの再デザインやVortex(新MODマネージャー)の開発に忙しかったので、最近のニュース欄は静かだった。でも新年を迎えたことだし、去年の出来事と2018年の取り組みについての最新情報をお伝えする絶好の機会だろう。
 
 

数字で見る2017年

2017年にはNexus Modsに1,612,142名の新しいメンバーを迎えた。言い方を変えれば、Nexus Modsに20秒ごとに新しいメンバーを迎えたわけだ。2017年にはNexus Modsでサポートするゲームが80種類増えて、現在493種類のゲームをサポートしている。2017年には27,891の新しいMODがアップロードされ、601,609,165のファイルがダウンロードされた。つまり、2017年には毎秒19ファイルのペースでダウンロードされたということだ。

Fallout 4のリリースによる熱狂も収まり、サイトのトラフィックは2016年の数字をわずかに下回ったが、総ダウンロード数は2016年の491,161,244を22%上回る結果となった。
 
 

オフィスの開設

2017年が始まり、僕はNexus Modsにおける遠隔勤務の状況に不満を感じ始めた。2011年に初めてスタッフを雇用して以来、すべての役職は遠隔勤務で、従業員はイングランドスコットランド、イタリア、ドイツ、そしてアメリカに住んでいる。ソフトウェア企業やハードウェア企業はオフィス勤務と遠隔勤務のギャップを埋めようとしている。だが時間が経つにつれてこれは意味のないことで、共通の目標に向かって同じ部屋で一緒に働く完全な効率性(そして仲間意識)に勝るものはないということが明らかになりはじめた。

というわけで、ほとんどの企業が遠隔の柔軟な勤務形態を推進しようとしている中、僕はまったく反対の方向に進むことにした。2017年の5月にNexus Modsのオフィスを開設し、まずは既存のスタッフと新しいサイトプログラマー2名を迎え入れた。

チーフプログラマーのトムやコンテンツディレクターのポールもときどきオフィスにやって来て、数日間働いたりしていた。

家ではなくオフィスで働くのは僕にとって初めてのことだったし、最初はこの変化に疑念を抱いていた。でも疑念はすぐに消え去り、オフィスが良い結果を出していることにとても満足している。

今ではこれが正しかったのだと分かっているので、今後数年間はNexus Modsのスタッフの家となる新しいオフィスを意識した募集をするつもりだ。これから募集する従業員の役職はすべて、僕たちのいるイングランドエクセターのオフィスが拠点となる。
 
 

スタッフの変化

去年は数名の新顔を迎えるとともに、長年いてくれたスタッフ数名とお別れした。

さっきも言ったように5月にはオフィスで勤務する2名の新しいサイトプログラマーを迎え入れ、11月にはチームで新たな役割を果たすことになるデザイナーのキットを迎え入れた。

新しいオフィス環境にできるだけ多くの従業員を統合することを目指したため、Nexus Mod Managerに携わっていたファビオとルカに別れを告げた。そしてここ数ヶ月のニュース投稿で不在だったことに気づいた人がいるかもしれないが、ポールもまた新たな活動の場へと去っていった。彼ら全員の成功を願っている。
 
 

サイトの再デザイン

11月にはテストとフィードバックのための公開ベータ版として新サイトデザインを公開し、ごく最近には本格的に軌道に乗った。古いサイトデザインにはhttp://old.nexusmods.comからアクセスできるが、もうすぐ消える予定だ。

ただの見栄えや機能だけではなく、フレームワークと処理ロジックに加えられた根本的な変更によって、プログラマーチームの作業がはるかに効率的になり、大変満足している。

当然ながら再デザインには対立要素があったし、16年間のサイト運営の中で、対立のない再デザインなどなかった。他の著名サイトではどうなのかは知らないが、僕たちはとても役に立つものから少し助けになるもの、それほど助けにならないもの、そして全く失礼なものまで、山のようなフィードバックを受け取った。でも僕たちは失礼なものから役立つものをフィルタリングして抽出する方法を知っているし、まさにそのとおりのことをした。

GitHubのバグトラッカーに寄せられたユーザー報告のおかげで数百のバグを潰し、元のデザインからいくつかの部分をブラッシュアップした。僕たちは提供されるフィードバックに基づいて進み続けるつもりだ。

旧デザインはもうすぐ消える。たくさんのユーザーから旧デザインを残してくれと頼まれたが、コードはどんどん進化していくので実行可能ではない。旧デザイン用の古いハードウェアに支払いを続けることはできないし、これから追加する新機能にコード/デザインの透過性を維持し続ける余裕もない。これから保管すべきデータ量を削減するわけにはいかないし、そのためにプログラマーのチームを割くわけにもいかない。もっと簡単に言えば、目的にそぐわないし、ロジックからデザインを分離することは僕たちにとって無駄な作業になる。
 
 

Vortex

すぐにも手の届くところにある。

昨日、Tannninから貰った最新バージョンで少し遊んでみたが、その見た目、その動き、そして将来を見据えて何ができるという素晴らしさに、大変満足した。

1月の締め切りに間に合うかどうかは際どいところだが、もしうまくいかなくても、フォーカスグループから上がって来た最後のバグを修正して磨き上げるだけだ。確信が持てれば改めて知らせるつもりだし、たとえ1月にリリースできなくても、スクリーンショットや情報を公開して乗り切るつもりだ。
 
 

ソーシャルメディア

まだ関心のない人もいるだろうが、今や多くの人がソーシャルメディアを定期的に利用している。Nexus Modsのコミュニティの外へフォーカスする先陣を切ってもらうため、2016年にTerrorfoxを雇用した。彼はその成果の一環として、ソーシャルメディアにおけるNexus Modsの存在感を盛り上げてくれた。

TerrorfoxはFacebookTwitterの両方で、有名MODからみんなが聞いたこともないような秘宝ともいうべきMODまで、Nexus Modsで利用可能なMODの情報を着実に発信し続けている。リツイートやMOD制作者の近況、ソーシャルメディアでの話題も交えてくれているが、正直に言って、コミュニティの新しいMODの情報やソーシャルメディアの話題を知らせるとても良い方法だと思う。

クリックさせようと気を引く広告などではなく、「こんなMODがあるんだ。チェックしてみなよ」とストレートに伝えている。だから興味があるならフォローして「いいね」を押してほしい。そうすることで最新の情報を得られるよ。
 
 

2018年のWebサイトの展望

2018年、僕たちは逆境で戦うことになる。

ここ2年間の再デザイン関連の作業において、バックエンドにおける修正すべき将来的な問題が明らかになった。2011年にサイトの新しいフレームワークを構築して以来、Nexus Modsは驚異的な速度で成長してきたが、当時のニーズは今のニーズとは異なっていた。

さっきも話したダウンロード数を見れば一目瞭然だが、データの構成を考えれば、ほとんど驚異的な速度で増加し続けている。ここ28ヶ月でデータベースからのダウンロードサイズは倍増した(つまり、2015年9月以降ダウンロードされたサイズは、現在のレコード形式となった2005年から2015年8月までのサイズよりも多い)。サイト上の様々な機能に依存したシステムから24億件のダウンロードがされた今、僕たちは「ビッグデータ」の領域にあり、これに適合するために努力と迅速さが必要になる。

これを受けて、ビッグデータという考え方にシフトして、バックエンドのロジックとフレームワークをいちから完全に再構築するのに多くの時間を割くつもりだ。僕や君たちみたいな人間にとってとても退屈な話だが、何もしなかったり正しく理解しなければ、Nexus Modsの将来にとって非常に深刻な意味を持つものだ。

再デザインの作業の一環としてこれらの問題を修正できればと考えていたが、結果はシステム全体をいちから再構築の必要性が強調されただけだった。これは単なる新たなデザインという意味ではなく、データベース、サーバーインフラ、フレームワークなど全体の再設計を意味する。基本的には、ときどきサイトが遅かったり反応しないような「感じ」がすることがある。最近発表したMOD制作者への寄付システム(和訳へのリンク)といった新機能は、新しいシステムの一部になる。

再デザインで既に行ったコードの重要なリファクタリング(書き直し)は、2018年から取り組む大きな作業の中で一息入れる余裕を少しだけ与えてくれた。

プログラマーの多くはこの取り組みに注力することになり、別のチームが再デザインの作業を引き継いで、みんなからのフィードバックに全力で取り組むことになる。

僕たちは新サイトをより速くブラウズできるように処理速度の改善を続けているし、キットはフォーラムやニュースのコメントのフィードバックに基づいてデザインの改善を進めている。これらは決して終わりのない進行中の作業だ。
 
 

2018年のVortexの展望

まずはリリースしないとね。

Vortexはアルファ版がリリースできる状態にある。ソフトウェアのテスト支援の意識があって、君の持っているMOD管理ソフトを完全に変えてしまうバグの可能性に尻込みしない人たちに利用を勧めようとしている。このフェーズでは、Vortexに完全に乗り換えてテストを手伝ってくれる人にだけ初回リリースを提供する。500以上のロードオーダーをデリケートに整理して守り続ける人や、何も台無しにしたくない人に提供するつもりはない!

Tanninはフィードバックやバグ報告を待ち望んでいるので、間違いなく可及的速やかに解決してくれるはずだ。

当然、そのプロセスにどれくらい時間がかかるのかは分からないが、過去の経験から学べたと信じているし、永遠のアルファ版にはしたくないと思っているよ!

将来的な話をしよう。最近コミュニティで展開されているMODパックに関する話題を注意深く見てきた。これはNexus ModsやNMMで既に検討したことのあるものなので、非常に本格的なMODパックシステムの立ち上げに数週間もかからなかった。過去にどういう経緯で検討したのか、その背後にある技術的課題は何か、そしてなぜお蔵入りしたのかに興味があるなら、Redditに詳細に書き記したので読んでほしい。

Tanninとはざっと話をしたし、何年も前に作られたTO-DOリストもある。そう遠くない将来、MODパックに関してもう一度検討を進めるつもりだ。当然だけど、この計画についてはMOD制作者と相談して、設計と実装フェーズで彼らからフィードバックを貰うつもりだ。
 
 

最後に

このサイトをモデレートして、インターネットの最悪な人物たちに対処するのに多くの時間を費やしてくれたコミュニティの隠れた英雄たち、ボランティアのモデレーション・チームにお礼を言わせてほしい。彼ら無しにはNexus ModsはNexus Mods足りえない。何もかも台無しにしたがる愚か者のせいでコミュニティが崩壊してしまえば(もしくは存在しなくなれば)、僕がこうして「ビッグデータ」やら「Vortex」やらの話ができるとは思えない。

そしてもちろん、コンテンツを制作してNexus Modsに提供してくれるMOD制作者たちにも感謝する。彼ら無しには全てが無意味だからね!

みんなにとって素晴らしい2018年となりますように。

以上


→ その他のNexus Modsニュース和訳はこちら

Copyright (C) 2015-2018 ThinkingSkeever, All Rights Reserved.
ブログの記事内に記載されているメーカー名、製品名称等は、日本及びその他の国における各企業の商標または登録商標です。
リンクはご自由に。記事の転載はご遠慮ください。記事を引用する場合はトラックバックするか元のURLを明記してください。