読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinking Skeever

Skyrim/The Witcher 3 Modについてのあれこれ。FoModの作り方、Mod導入時のトラブル事例などのニッチな話を書いていきます。a.k.a. BowmoreLover@nexusmods

Nexus Modsニュース和訳:スタッフのおすすめ (2017/4/26)

https://pbs.twimg.com/media/C9TJGTpWAAAd7GT.png

2017/4/26のNexus Modsニュース Staff Picks - 26 April 2017(スタッフのおすすめ 2017/4/26)の和訳です。

スタッフのおすすめ 2017/4/26

元記事:Staff Picks - 26 April 2017
投稿者:BlindJudge
投稿日:2017/4/27 0:03:23

はじめに

今週のスタッフのおすすめでは、面白いサバイバルMODとSkyrimの操作調節に便利なMODを紹介しよう。

SirSalamiはパブや酒場の客の面前で食事を調理することに決め、僕は自分の家でひっそりと肉を調理することに決め、Robbie922004はモロウウィンドの戦いで100%生き残ることを決めた(うまく繋がらなかったが、できるだけ頑張ってみたんだ)。一方、Terrorfoxはマウス・キーボード・コントローラを同時に使えるようにするMODを選んだ。何か意見があれば元記事の下にコメントを残してほしい。君のおすすめがあれば以下のお手軽フォームからどうぞ。

僕らはコミュニティからのおすすめを楽しみにしているから、お手軽フォームからどしどし投稿してほしい。
フォームをすべて埋めて、MOD名と推薦理由を少し細かく書いてほしい(以下のコミュニティメンバーのおすすめと同様に)。

他にも同じようなMODがあるかもしれない。だからこれが個人的なおすすめであることを理解し、他のMODにも目を凝らしてほしい。もしかしたら新しい何かを見つけられるかもしれないからね。


https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/110/images/83437-0-1492899380.jpg
推薦者: Terrorfox1234
ゲーム: Skyrim
Modの作者: CrEaToXx
Mod: Hybrid Controls

このMODは僕の好きな作者の一人 CrEaToXx の作品だ。通常、CrEaToXxのMODはシンプルな方法でゲームの質を大きく改善させる傾向がある。Hybrid Controlsもそうだ。

簡単に言うと、このMODを使うことでキーボードとマウスの機能を制限することなくゲームパッドを使うことができる。僕はいつもベゼスダのゲームをコントローラーでプレイするのを好むが、バニラのゲームをプレイするときしか実用的ではない。独自の操作やホットキーを追加するMODを追加すると、ゲームパッドのボタンがすぐに足りなくなる。

僕はMODをかなり使うから、MODを入れたベゼスダゲームプレイするときはいつもキーボードとマウスだけを使うが、結局はキーボードの同じキーばかりを使っていることに気づく。

Hybrid Controlsを使えば、大切なホットキーを無視することなくゲームパッドで快適にプレイすることができるんだ! 単純にキーボード+マウスとゲームパッドモードの切り替えホットキーを割り当てるだけでいい。それにゲームパッド自体に多くの操作を追加してくれるので、キーボード上のMOD用ホットキーをさらに節約できる。ゲームのプレイのしやすさを大幅に向上させる万能MODだ。


https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/1059/images/56-0-1493096138.jpg
推薦者: BlindJudge
ゲーム: 7 Days to Die
Modの作者: Pringiz46290
Mod: Pringiz Mod Working Ovens And Faucets

2014年の早期アクセスで購入して以来、7 Days to Dieは僕の主力ゲームの一つだ。他の早期アクセスと同様にまだアルファ版の段階だが、それでも新しいリリースごとに大きく改善されている。この手のゲーム(Rustとか)は僕たちの生存本能を引き出し、とても敵対的な世界へと放り込む。Rustは主にプレイヤーのことで、7DTDはゾンビの群れに関することだ。ここ数年の間、生存性とイマージョンを向上する多くの建物やアイテムが導入されてきたが、この終末論的世界においては蛇口やオーブンといった単純な品物が忘れ去られていたようだ。

このMODをインストールしたとき、(ゲームがもっと簡単になる)既存のプレハブ版のオーブンや蛇口が使えるようになると思っていたので、それらが使えないと分かって混乱してしまった。でもマニュアルをちゃんと読めば、この編集済XMLが自分で作成できる独自レシピを提供するものだと分かる。こうすることで、中盤/終盤のようがより活用できるようになる(必要材料の関係で)。僕は基地/家の機能性と防衛性にこだわりがちなので、台所を実際に機能させるためにとても役立った。冷蔵庫に肉や水を保存でき、肉をラウンジの中央にある焚き火ではなくオーブンで焼くこともできる。それに小さな池の上に作った床の穴からではなく、蛇口から濁った水をボトルに詰めることができる。なんという幸せ。

これでゾンビラスがあの厄介な紅月への攻撃を止めても、黙示録的な調和の世界で生活できるだろう。


https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/1704/images/5701-2-1480959651.png
推薦者: SirSalami
ゲーム: Skyrim Special Edition
Modの作者: Vrakyas
Mod: Cooking in Taverns

想像してみよう。君は長い間狩りをしていてもう何日も肉を食べていない。今日はとても幸運だった。ポケットの中身をチェックする。とても慎重に。鹿肉2個、クマ肉1個、マンモス肉1個が残っていた。すっかり満足し、近くのウィンドピーク宿に飛び込み、自分の集めた肉で夜を楽しむことにした。

宿に到着すると、これからの祝宴への期待にお腹がぐうぐうと鳴る。火の近くに席を取り、料理できる場所を探しながらよだれを垂らす。だが宿屋全体を探すものの、あり得ないことに利用できるフライパンや鍋が見当たらない。串焼きすらできそうにない。絶望に打ちひしがれた君に出来ることは、せいぜい肉の断片を直接火に投げ込むことくらいだ。一つづつ…

悲惨だろう? でもCooking in Tavernsがスカイリムの様々な居酒屋と宿屋に不足していた便利な調理場を追加してくれるので、もうこんな目に遭わなくてすむ。

このMODはスカイリムの食通になろうとしている人にとって素晴らしいものだが、サバイバルMODや狩人キャラクターにとっても相性がいい。加えて、周囲のキャラクターにサンドボックスさせるオプションを使うことで、NPCにこれらの設備を使わせることもできる。いい感じだ。その他に、このMODは互換性を最大限確保するため、世界に与える影響を可能な限り抑えているので、気軽にお勧めできる。どうぞお試しあれ。


https://staticdelivery.nexusmods.com/images/1059/7018713-1493206646.jpg
推薦者: Robbie922004
ゲーム: Morrowind
Modの作者: jamespb1
Mod: Accurate Attack

Accurate Attackはオブリビオンやスカイリムプレイヤーを対象にしたモロウウィンド用のMODだ。とても単純なもので、プレイヤーと敵の攻撃すべてを常に命中させる。モロウウィンド全盛期にプレイしていなかった人の中には、戦闘時の命中確率があることですぐにプレイを止める人もいる。昔からのモロウウィンドプレイヤーにとって価値があるとは思わないが、僕の経験上、モロウウィンドをプレイしたいけど戦闘に馴染めない人にとっては素晴らしいMODだと思う。

敵に対しても同じ利点を与えるので(敵が武器を振ると必ず命中する)、ただのチートモッド以上のものだ。バニラ版のモドウウィンドみたいにドッジして攻撃をかわすことはできない。

もちろんそうじゃない人もいるが、モロウウィンドをプレイしたいけど戦闘が楽しめなくて止めた人にとって良いMODかもしれない。モロウウィンドの他の素晴らしい部分を楽しむことができるし、戦闘をもう少し楽しむこともできる。モロウウィンドをプレイする人が増えるといいんだけど!

あとがき

毎週、スタッフの注目を集めたMODだけではなくNexus Modsコミュニティから推薦されたMODも掲載していくつもりだ。掲載したいMODがあればお手軽フォームをチェックしてほしい。

もしまだならソーシャルメディアのチャンネルをフォローしてほしい。最新のサイトニュースや記事など、盛りだくさんの内容を随時掲載している。

 

ありがとう。それでは楽しいモッディングを!

以上


→ その他のNexus Modsニュース和訳はこちら

Copyright (C) 2015,2017 ThinkingSkeever, All Rights Reserved.
ブログの記事内に記載されているメーカー名、製品名称等は、日本及びその他の国における各企業の商標または登録商標です。
リンクはご自由に。記事の転載はご遠慮ください。記事を引用する場合はトラックバックするか元のURLを明記してください。