読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinking Skeever

Skyrim/The Witcher 3 Modについてのあれこれ。FoModの作り方、Mod導入時のトラブル事例などのニッチな話を書いていきます。a.k.a. BowmoreLover@nexusmods

Campfire:Campfire 公式ページの和訳(2016/12/23 - 1.11対応)

Skyrim Mod紹介 和訳

Chesko氏のSkyrim用Mod「Campfire」公式ページの和訳です。
大変すばらしいModをシェアしてくださったCheskoさんにこの場を借りてお礼申し上げます。

補足:

f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

Mod情報

Chesko氏公式サイト:http://skyrimsurvival.com/home/campfire/
Chesko氏のTwitterhttps://twitter.com/CheskoTES

Skyrim版:Campfire - Complete Camping System by Checko
ダウンロードサイト:http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/64798/
Skyrim Mod データベース:http://skyrim.2game.info/detail.php?id=64798

Skyrim版:Campfire - Complete Camping System - Japanese by Chesko and BowmoreLover (拙作日本語版)
ダウンロードサイト:http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/69616/
Skyrim Mod データベース:http://skyrim.2game.info/detail.php?id=69616

Skyrim SE版:Campfire - Complete Camping System by Checko
ダウンロードサイト:http://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/667
Skyrim Mod データベース:http://skyrimspecialedition.2game.info/detail.php?id=667

Skyrim SE版:Campfire - Complete Camping System by Checko by Chesko and BowmoreLover (拙作日本語版)
ダウンロードサイト:http://www.nexusmods.com/skyrimspecialedition/mods/4600/?
Skyrim Mod データベース:http://skyrimspecialedition.2game.info/detail.php?id=4600



f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain



http://skyrimsurvival.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/title_splash1.jpg

目次 - Campfire | Skyrim Survivalの和訳

f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

Campfire Home:Campfire | Skyrim Survival

クラシックSkyrim用/Skyrim SE用のCampfire 1.10.3が利用可能です! ここをクリックすれば完全なパッチノートが見られます。

CampfireはThe Elder Scrolls V: Skyrimのための多機能なスタンドアロン型キャンプModです。

小さく消えそうな火の粉から燃え盛る炎へと焚き火をおこし、料理鍋で(または火の上で焼いて)料理をし、フォロワーと一緒に座って体を温めましょう。FrostfallなどのModと一緒に使ってください。

キャンプ道具を身の回りにあるアイテムから作ったり買ったりしましょう。テント、皮なめしの棚、携帯用の符呪道具などを設置してください。ベッドロール、たいまつ、料理鍋、斧、水筒を表示することのできるCampfireの背嚢で余分な装備を運びましょう。

Campfire独自の新しいスキルシステムを使って能力を得ましょう。辺りから枯れ木や木の枝を集めてください。斧、矢、その他役立つアイテムを作るのに使えます。近くを歩いたり物音を立てる生き物を見つけて忍びよったり、焚き火を起こすための貴重な火口を見つけるために本能のパワーを使いましょう。

CampfireはFrostfall、Rusey氏の Dig Site – Relic Hunter TentsLast SeedといったModの基盤でもあります。

CampfireはMod制作者のためのフレームワークでもあり、特別な場合を除きコードを書くことなく簡単にあなた自身のキャンプ道具を作ることができます。あなたが作成したModを配布することもできます。詳細については制作者向けページの数々のチュートリアルを参照してください。

Campfireについてさらに学ぶためにリンクをクリックするか、Skyrim NexusのページからCampfireをインストールしてゲームの中に飛び込みましょう。

Skyrim Nexusからのダウンロード:Campfire - Complete Camping System at Skyrim Nexus - mods and community

Modの更新情報についてはTwitterをフォローしてください:https://twitter.com/CheskoTES


f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

クイックスタートガイド:Quickstart Guide | Skyrim Survival

始める前に…

Campfireをインストールする前に次のことを確認してください。

  • SKSE 1.7.3以上をインストールします。SKSEがなくてもCampfireを使えますが、本能パワーのような特定の機能が使えません。ここ Skyrim Script Extender (SKSE) からダウンロードするか、Steamワークショップ Skyrim Script Extender (SKSE) on Steam からインストールできます。
  • SkyUI 4.1以上をインストールします。SkyUIがなくてもCampfireを使えますが、設定メニューのような特定の機能が使えません。SkyUI Awayも使えます。Frostfall 3を使う場合はFrostfall 3 クイックスタートガイドのSkyUI Awayに関する注意事項を読んでください。
  • ModをダウンロードしたらCampfireのBSAファイルを解凍しないでください。BSAファイルを解凍してLooseファイルにすると、今後のアップグレード時に問題が起こりやすくなります。Looseファイルは常にBSAファイルより優先してロードされるので、(今後のアップデートでBSAファイルを置き換えても)最新のファイルがロードされず、modの特定機能が動かなくなるかもしれません。あなたがmod制作者で意味をよく理解している場合のみLooseファイルに解凍してください。警告はしました。

訳注:BSAファイルの解凍について
ユーザの導入ミスや不適切なインストールによる問い合わせを減らしたいという意味合いも込めてこの警告をしているのだと思いますが、modのロードの仕組みを理解しているならばBSA解凍すなわち悪という訳でありません。modを日本語化する上ではBSAファイルの解凍と日本語化は欠かせませんから。日本語化のためにBSAファイルを解凍する場合、以下の点に留意しましょう。

  • Mod管理ツール、できれば仮想フォルダの扱えるMod Organizerを使う
  • 必要最低限のファイルを解凍する
  • BSAより解凍したファイルの方が優先されることを念頭に置く
  • modのバージョンアップの際、特に指示がない場合は前バージョンのファイルを削除する

Campfireのインストール

Mod管理ツール(Nexus Mod Manager、Mod Organizer、Wyre Bashなど)を使って Campgire 最新版 をダウンロード、インストールします。

必要なのはこれだけです!

必要に応じて互換パッチを入手してください。

(mod管理ツールを使わず)手動でmodをインストールしたり、bsaファイルを解凍してSkyrimフォルダに直接インストールする方法は保証されていません。mod制作者でない限りmodを手動でインストールまたはmodを解凍する意味はありません。

ロードオーダー

CampfireはESM(マスター)ファイルなので、自動的に他のプラグインより前にロードされます。他のマスターファイルとのロード順に関しては気にする必要がないはずです。

Campfireの開始

Campfireはゲームの背後で動作する永続的なスクリプトを持っておらず、「実行され続ける」訳ではありません。テントを設置したり火をおこすといったCampfireのオブジェクトを使った操作を行うときのみ実行されます。

ゲームを起動するとCampfireは動作可能な状態となります。



f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

資材を集める:Gathering Resources | Skyrim Survival

「サバイバルスキル: 薪集め」パワーを使って周囲から素材を集めることができます。魔法メニューから「サバイバルスキル: 薪集め」を選び、シャウトキー(デフォルトではZ)を押します。

パワーを使うと次のメニューが表示されます。

http://skyrimsurvival.com/wp/wp-content/uploads/2015/02/harvestwood_1.jpg

  • 枯れ木を切る:選択すると周囲の木から枯れ木の丸太を集めます。周囲に木があり、インベントリに木こり斧や手製の石斧を持っている場合にこの選択肢が表示されます。
  • 木の枝を集める:選択すると周囲の木から木の枝を集めます。周囲に木がある場合にこの選択肢が表示されます。

選択肢のいずれかを選択するとゲーム内時間で1時間経過し、インベントリにアイテムが追加されます。

フォロワーを連れている場合、あなたのためにときどき追加の木の枝や枯れ木を集めてくれます。

注意

  • 木こり斧を使うと、1時間に3本から6本の枯れ木を集めることができます。
  • 手製の石尾のを使うと、1時間に2本から4本の枯れ木を集めることができます。
  • 1時間に3本から6本の枯れ木を集めることができます。
  • 枯れ木を切ったり木の枝を集めるには周囲に木がある必要があります。
  • 集められる量はキャンプスキルの「臨機応変」能力で増やすことができます。


f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

焚き火の作成:Building Campfires | Skyrim Survival

概要

焚き火をおこすには:

  1. 地面に焚き火の輪を設置する(サバイバルスキル: 焚き火)
  2. 薪炭をくべる
  3. 火口をくべる
  4. 点火する

火口から薪炭に火が燃え移ると焚き火が燃え上がります! 焚き火をより大きく、暖かく、長持ちさせるには薪炭を足します。

1. 焚き火の輪を設置する

焚き火を作成するには地面に焚き火の輪を設置する必要があります。魔法メニューを開き「サバイバルスキル: 焚き火」を選びます。シャウトキー(デフォルトではZ)を押すと焚き火の輪の設置が始まります。置きたい場所が決まったら確認ボタンを押して焚き火の輪を設置します。

http://skyrimsurvival.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/fire_ring.jpg

2. 薪炭をくべる

焚き火の輪をアクティベートして「使う」を選ぶと焚き火の作成メニューが表示されます。

焚き火をおこすには薪炭が必要です。最初の薪炭には木の枝、焚きつけ、ボロボロの本が使えます。

薪炭を2個追加したら次の手順に進みます。

3. 火口をくべる

何種類かのアイテムが火口として利用できます。火口の選択は重要で、焚き火の点火にかかる時間が決まります。悪天候下で焚き火に火をつけるのはとても難しいので、天気が崩れたときに備えていつでも高品質の火口を持ち歩くのは良い考えです。

火口 点火時間(晴天) 点火時間(雨/雪/灰の嵐)
木の削りくず 28秒 42秒
モラ・タピネラ 21秒 35秒
カニスの根 21秒 35秒
リネン・ラップ 14秒 28秒
垂れ苔 14秒 28秒
ツンドラの綿 14秒 28秒
ハチの巣の殻 7秒 21秒
麦わら(Hearthfire) 7秒 21秒
ドワーフのオイル 1秒 14秒
ランタンの油(Wearable Lanterns) 1秒 14秒

天候に関わらず、焚き火の点火にかかる時間は、石を打つ場合はキャンプスキルの「火の達人」能力で、呪文を使う場合には破壊術によって短縮できます。

ご注意:最初の焚き火は1時間しかもちません! すぐに薪炭を足して焚き火を大きくしないと火口と薪炭が無駄となり、最初からやり直しとなります。
上手い手としては、焚き火を作る前に少なくとも揺らぐ焚き火を作れるだけの薪炭を用意しておくことです。こうすれば追加の薪炭を探している間、燃え尽きる危険はありません。

火口から薪炭に火が燃え移らなかった場合には火口はなくなりますが、薪炭は残ったままなのでもう一度やり直すことができます。点火できるまで火口を追加し続けてください。

4. 点火する

点火するには「点火 (石を打つ)」または「点火 (炎の呪文)」を選択します。

「石を打つ」を選んだ場合、キャンプスキル「火の達人」で火がつくまでの時間を短縮できます(ランク毎に7秒)。点火に成功するとキャンプスキルが上達します。

「炎の呪文」を選んだ場合、破壊術で火がつくまでの時間を短縮できます(20ポイントに7秒)。点火に成功すると破壊術が上達します。

5. 火の手入れ

ここからさらにレシピを選択して焚き火を大きくすることで特別な効果を得ることができます。これらの効果は累積します。例えば「爆ぜる焚き火」は「最初の焚き火」の効果をすべて持っています。次の表を参照してください。

焚き火の種類 材料 持続時間 効果
最初の焚き火 木の枝/焚きつけ/ボロボロの本x2 + 火口 1時間 「スキル」の選択
揺らぐ焚き火 木の枝/焚きつけ/ボロボロの本x4 3時間 焚き火で直接料理(塩不要), 料理鍋の使用
爆ぜる焚き火 枯れ木x6/薪x4 6時間 高揚の効果:すべてのスキル上昇が3%早くなる
燃え盛る焚き火 枯れ木x6/薪x4 12時間 鼓舞の効果:すべてのスキル上昇が5%早くなる

http://skyrimsurvival.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/title_splash1.jpg

焚き火を楽しんでください!

注意

  • 焚き火の輪をアクティベートして「座る」を選ぶことで、あなたとフォロワーを焚き火の周りに座らせることができます。あなたが焚き火の周りに座ればフォロワー3人も同じように座ります。
  • 冒険の間、火口となるアイテムがないか目を光らせておきましょう。「サバイバルスキル: 本能」が発見に役立ちます。
  • 作成した焚き火は火が消えてから24時間経つとゲームから削除されます。
  • 作成した焚き火は氷の呪文やシャウトで消すことができます。24時間経つとゲームから削除されます。
  • 火の消えた焚き火は火口を使って再び点火する必要があります。焚き火を消したときに薪炭が残っていれば、もう一度焚き火をアクティベートすることで取り戻すことができます。
  • 焚き火は火の上に置かれたキャンプ道具を捕らえる(認識する?)ことはできません。
  • SkyUIを使っている場合、「サバイバルスキル: 焚き火」にホットキーを設定することができます。ホットキーを設定すると魔法メニューからパワーが削除されます。MCMの設定メニューでホットキーをデフォルトに戻すと魔法メニューに再びパワーが追加されます。

訳注:v1.10.2より簡易点火モードが追加され、火口の作成から点火までの手順を簡略化できるようになりました。


f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

スキルシステム:Skill System | Skyrim Survival

http://skyrimsurvival.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/ScreenShot70.jpg

GIFで見る

Campfireのスキルシステムは作成した焚き火からアクセスできる新しい独自のスキルシステムです。スタンドアロンなので既存のPerkオーバーホールModと競合しません。

Campfireはキャンプスキルを導入します。Frostfall 3などのmodはこのシステムに独自のスキルを追加し、サバイバルの概念に基づく新たな成長の道筋を提供します。

焚き火に点火して「スキル」を選択すればCampfireのスキルツリーが表示されます。

Mod制作者へ!
あなたが経験豊富なモッダーで、焚き火からアクセスできるMod独自のスキルツリーを追加しないならCampfire Dev Kitのチュートリアルを参照してください! Campfire.esmへの依存関係(訳注:マスター指定)は必須ではありません。

キャンプ

熟練のキャンパーは最悪の天候でも火をおこすことができ、周囲の物をより効果的に利用できる。能力を得るには焚き火をおこすかテントで眠る(1日1回)。新たな能力を取得するにはより多く行動する必要がある。

能力 ランク 説明 必要能力
臨機応変 1 木の枝や枯れ木を集める際、25% の確率で1本余分に集めることができる。焚き火が 25%長持ちする。
臨機応変 2 木の枝や枯れ木を集める際、50% の確率で1本余分に集めることができる。焚き火が 50%長持ちする。
先駆者 1 旅人の杖を使うとスタミナが 10 上昇する。 臨機応変
先駆者 2 旅人の杖を使うとスタミナが 15 上昇する。
先駆者 3 旅人の杖を使うとスタミナが 20 上昇する。
火の達人 1 石を打って点火する速度がすべての天候において 7 秒速くなる。 先駆者
火の達人 2 石を打って点火する速度がすべての天候において 14 秒速くなる。
火の達人 3 石を打って点火する速度がすべての天候において 21 秒速くなる。
火の達人 4 石を打って点火する速度がすべての天候において 28 秒速くなる。
意気揚々 1 大きな焚き火によるスキルボーナスが 50% 長持ちする。 火の達人
意気揚々 2 大きな焚き火によるスキルボーナスが 100% 長持ちする。
鋭敏な感覚 1 50% 遠くのアイテムと生物を探知でき、敵意の有無を判断できる。本能を使うときに隠密行動すれば効果が切れることはない。 火の達人
鋭敏な感覚 2 100% 遠くのアイテムと生物を探知でき、敵意の有無を判断できる。本能を使うときに隠密行動すれば効果が切れることはない。

注意

  • スキルツリーの近くに赤いホタルが現れます。これを選択するとスキルツリーが閉じます。焚き火が燃え尽きたり、焚き火から歩き去ってもスキルツリーが閉じます。
  • スキルツリーに能力を追加するmodをインストールしている場合、スキルツリーの近くにホタルが2匹現れます。これを選択すれば利用可能なスキルを前後に切り替えることができます。
  • SkyUIのMCM、または「設定: Campfire」能力で「高度>キャンプスキル>能力の振りなおし」を選択することで、いつでもスキルポイントを取り戻して振りなおすことができます。
  • Campfireをクリーンインストールしたりアンインストールしたりするとキャンプスキルの取得状況は失われます。取り戻すには、SkyUIのMCM、または「設定: Campfire」能力で「高度>キャンプスキル>キャンプ能力を取り戻す」を使ってください。

f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

キャンプ道具:Camping Equipment | Skyrim Survival

完全なキャンプ体験を提供するため、Campfierには多数の道具が含まれています。道具のほとんどは皮なめしの棚か、「サバイバルスキル: 道具作成」を選んでシャウトキー(デフォルトではZ)を押すことで作成できます。いくつかはスカイリムの雑貨商から購入することができます。

このページは未完成です。以前のFrostfallの文書には作成したり購入できるほとんどのアイテムの包括的な一覧がありますが、変更されたり使えなくなったアイテムがあるかもしれません。完成するまでは「サバイバルスキル: 道具作成」や皮なめしの棚を使って色々試してください!

バイバルスキル: 道具作成

道具作成の能力を使えば、どこにいようとも数々の役立つ道具を作ることができます。以下は道具作成を使って作成できるアイテムの全見本です。

(訳注:公式ページでは特殊なアプレットが使われているのでこのページに貼り付けることができませんでした。公式ページを参照してください。)

背嚢

背嚢は持ち運び重量ボーナスを得ることができる装備です。背嚢の周りにはプレイヤーの持つ料理鍋、テント、たいまつ、木こり斧、水筒が動的に表示されます。

皮なめしの棚を使って九大神のアミュレットと組み合わせ、背嚢を強化できます。背嚢を強化するとアミュレットの見た目と、通常のアミュレットの半分のボーナスが与えられます。背嚢とお守りは後から分解することもできます。

http://skyrimsurvival.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/backpack.jpg

テント

テントは重要なキャンプ道具です。テントの中ではプレイヤーが座ったり眠ったりすることができ、フォロワーも同様に中で座ったり眠ったりできます。テントには照明用のランタンが備え付けられており、荒野を進む上でシェルターが必要不可欠なFrostfallのようなmodで重要となります。

テントを設置するにはインベントリからテントを使います。青いインジケーターが表示されます。インジケーターはプレイヤーの動きに追従し、地面の傾きに合わせて調整されます。テントを設置する場所が決まったら確認ボタンを押して設置します。

重荷を降ろす時です! テントの中で座ったり眠ったりすると、一部の装備が解除されて周りに置かれます。起き上がると自動的に再装備されます。解除する装備や本機能の無効化はCampfireの設定メニューで選択できます。

デフォルトでは、たいまつや炎の呪文を当てることでテントやキャンプ道具を燃やすことができます。キャンプでは火の取り扱いに注意しましょう!(焚き火の炎でキャンプ道具が燃えることはありません。)

どのテントにも1つ以上のランタンが備え付けられています。ベッドロールから「明かりを使う」を選べばオン/オフできます。

http://skyrimsurvival.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/tent.jpg



f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

互換性:Compatibility | Skyrim Survival

拡張サポートにより互換性のあるModとDLC

あなたは既に使っているModの大半はCampfireと互換性があるはずです。とりわけ、すべてのPerkオーバーホールMod(例えばOrdinator、PerMa、SkyReなど)と互換性があります。Campfireのスキルシステムは完全に独立していますから。

以下のModとDLCに対してはいくつかの特別なサポートを行いました。

Mod サポート内容
Dawnguard 「のした毛皮」のレシピにDawnguardで追加された谷の鹿の皮と谷のサーベルキャットの皮を追加しました。
Hearthfire 焚き火の火口として麦わらを利用可能にしました。
Dragonborn 灰の嵐の間、点との外に灰を表示可能にしました。Dragonbornで追加されたすべての熱源は料理鍋に認識されます。
Illustrious HDT Cloaks of Skyrim Campfireの毛皮/リネン/バーラップの旅人のマントにHDT物理演算が与えられます。
Realistic Needs and Diseases インベントリに(水の入った)水筒がある場合、Campfireの背嚢に表示されます。
iNeed インベントリに(水の入った)水筒がある場合、Campfireの背嚢に表示されます。
Imp's More Complex Needs インベントリに(水の入った)水筒がある場合、Campfireの背嚢に表示されます。
Equipping Overhaul (3.13 Stable) テントの中で座るか横になったときの二重表示を防止するため、Campfireは自動的にEquipping Overhaulで設定されたGeared Upホットキーを押します。これは選択可能で、デフォルトでは無効です。CampfireのMCM「高度な設定」ページで「Equipping Overhaul」を有効にしてください。

非互換性と予測できない動作

Mod名 非互換性
Frostfall 2.6以前 まったく互換性がありません。Forstfall 2.6にあったCampfireは、Frostfall 3.xでは分離され別のModになりました。これらを一緒に使うと回復不可能なエラーが大量に発生します。
Animations 1.15 (Genebriss) まったく互換性がありません。このmodを使う場合、("BlockActivation"を有効にしても)設置したキャンプ道具の振る舞いは不正となります(Animations 1.15で確認しました)。
Dual Sheath Redux ときどきキャラクターやテントの周りに両方の装備が表示されることがあります。テントで座ったり眠ったりするときのみ起こります。「テントで装備を外す(プレイヤー)」を無効にすれば解決します。
All Geared Up ときどきキャラクターやテントの周りに両方の装備が表示されることがあります。テントで座ったり眠ったりするときのみ起こります。「テントで装備を外す(プレイヤー)」を無効にすれば解決します。
いくつかのENBプリセット いくつかのENBでは場面が暗転して暗くならないことがあります。Campfireではこの問題を解決するために回避策を追加しましたが、フェードアウトの変わりに突然真っ暗になります。これは少し表示がおかしくなるだけです(訳注:プレイ上の大きな問題はない)。
他のキャンプMod(Camping Kit of the Northern Ranger, LtMattMoo's Campingなど) これらのModはCampfireととても良く似た機能を追加しますので、混乱を避けるためになるべく一緒に使わないでください。でも一緒に使っても悪いことはなにも起こりません。Campfireに対してバグ報告をする前に、その問題が他のキャンプModではなくCampfireのものであることをよく確認してください。

Campfireによって修正されるもの・Campfireに含まれるもの

ゲームの基本のフォームをうっかり編集しないよう、細心の注意を払いました。Campfireの非互換性負荷はとても小さいです。

フォーム

Campfireによって以下のフォームが修正されています。

家具(Furniture):
WoodChoppingBlock (0007022E)
WoodChoppingBlockSnow (000A91BF)

ゲーム設定(Game Setting):
sCantEquipGeneric (000D4F40)

ワールドスペース(Worldspace):
Tamriel (0000003C)
00000D74 Cell
WhiterunWorld (0001A26F)
0001A270 Cell

この編集が必要な理由:

  • プレイヤーが薪割り台を使うときに背嚢から木こり斧の表示を消すために、薪割り台に追加のスクリプトが必要でした。これで見た目の重複を防ぐことができます。- ゲーム設定sCantEquipGenericを修正しました。Campfireでキャンプ道具を使う一般的な方法はそれを「使う」ことですが、その他のアイテム(Miscellaneous items)を使うことはできません。従来のスカイリムではエラーメッセージが表示されるので、この設定を空の文字列にしました。
  • セルの修正では、特定の機能の動作に必要な2つの新しいXMarkerオブジェクト(_Camp_MarkarthCenterMarker と _Camp_WhiterunCenterMarker)を追加しました。既存のセルレコードは一切編集していません。
スクリプト

マント能力による殴り合い時の問題を回避するため、Campfireには Brawl Bugs Patch Modder's Resourceスクリプトファイルが同梱されています。そのスクリプトファイルは次のとおりです。

BladesSparringScript.pex/.psc
C00TrainerScript.pex/.psc
C00VilkasScript.pex/.psc
CompanionsSingleCombatantScript.pex/.psc
DGIntimidateAliasScript.pex/.psc
DGIntimidatePlayerScript.pex/.psc
MS11CalixtoScript.pex/.psc

これらのファイルはBSAファイルに含まれています。ロードオーダーを気にせず、スタンドアロン版のBrawl Bug Patchや他のModに同梱されているBrawl Bug Patch Modder's Resourceと一緒に使うことができます(例:Campfire同梱のもので上書きしても、Campfire同梱のものが上書きされても正常に動作します)。

訳注:v1.9よりEnai Siaion氏のModern Brawl Bug Fixが同梱されています。

ファイル

Campfireには PapyrusUtil 3.2 のファイルのコピーが同梱されています。

Data/Scripts/JsonUtil.pex
Data/Scripts/StorageUtil.pex
Data/Scripts/Source/JsonUtil.psc
Data/Scripts/Source/StorageUtil.psc
Data/SKSE/Plugins/StorageUtil.dll

PEXファイルとPSCファイルはBSAファイルに含まれて居ます。StorageUtil.dllは(未圧縮の)ルーズファイルとして同梱されています。

これを書いている時点ではPapyrusUtil 3.2がPapyrusUtilの最新版です。他のModにもこれらのファイルが同梱されている場合、Campfireのロードオーダーを後にするか、他のModに同梱されているものがPapyrusUtil 3.2以降であることを確認してください。

訳注:
上の文でCampfireをロードオーダーの後にするとありますが、Campfireはesmファイルですので常にロードオーダーの上位に配置されますの混乱するかもしれませんね。Mod Organizerを使っている場合は左のリストでPapyrusUtilを同梱している他のModよりも後に配置すればよいことを意味します。
PapyrusUtil 3.2よりも新しいものを同梱しているModがある場合、そちらのPapyrusUtilが優先されるよう、そのModをCampfireよりも後に配置すればよいです。

CampUtil API

Campfire開発キットには、Campfire.esmに直接依存せずに呼び出せる便利な関数のセットが含まれています。これは、プレイヤーと現在の状況(フォロワーの数、テントの使用状況など)に関する情報を収集するためにCampfire自身が使用しているのと同じ関数ライブラリです。詳細については http://skyrimsurvival.com/home/campfire/mod-developers/camputil-api/:CampUtil APIページ を参照してください。



f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

Campfire開発キット:Campfire Dev Kit | Skyrim Survival

Mod制作者は多かれ少なかれ英語を読み書きする技能をお持ちだと思いますので翻訳は割愛します。
豊富なスクリーンショットを使って手順が分かりやすく説明されていますので、グーグル翻訳でも大丈夫そうですよ!



f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

ライセンス:License | Skyrim Survival

この手の文章には微妙な表現が多く正確に訳す自信がありませんので、翻訳は割愛します。


f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

Campfire 変更履歴:Campfire Change Log · chesko256/Campfire Wiki · GitHub

C A M P F I R E
The Elder Scrolls V: Skyrim

Version 1.11

変更点

  • 焚き火の簡易点火の再設計
    • 焚き火の土台を設置した後、(現実的モードと同様に)土台をクリックする必要があります。クラフトのインターフェースでは、石を打つか炎の呪文を使って1回の手順で焚き火が作成できます。(薪炭と火口の選択はスキップし、点火から開始できます)
    • これにより、簡易モードのユーザは現実的モードのユーザと同様に、自分の選択に応じてキャンプスキルや破壊スキルを向上させることができます。
    • また、簡易モードのユーザは焚き火の点火グラフィック(石を打つなど)を見ることができます。多くのプレイヤーから簡易モードはイマーシブだが点火グラフィックを見逃してしまうと言われました。これが嬉しい妥協点であることを願っています!

バグ修正

  • (Special Edition) 付呪道具一式を使うとき、足りない錬金材料がプレイヤーに通知されない問題を修正しました。
  • 特定の状況下で焚き火を作成できない問題を修正しました。
  • 焚き火の点火モードがプレイヤーのプロファイルに保存されない問題を修正しました。
  • 他のMOD制作者によるCampfire Dev Kitを使った召喚テントに関する機能の実現が妨げられていた問題を修正しました。

Version 1.10.3

機能追加

  • (Frostfall) テントを使ったときに低体温度と水濡れが表示されます。加えて火の近くで暖められていることも表示されます。
  • 焚き火の簡易点火モードが有効な場合、再び木の枝を入手できます。

変更点

  • Campfireが追加した独自のパワーから「サバイバルスキル:」プレフィクスを削除しました。

バグ修正

  • (Special Edition) プラグインフォームのバージョン番号を正しく44に上げました。

注意事項

  • Skyrim SEを使っているとき、世界にオブジェクトを配置した後、回収しない状態でCampfireをアンインストールできない問題がありました。アンインストールするとゲームは「セーブデータが破損している」と報告します。しかし、Skyrim SEのアップデート1.2ではこの問題を再現できませんでした。もう一度この問題に遭遇したら私に報告してください。

Version 1.10.2

機能追加

  • CampfireのSkyrimのクラシック版とSpecial Edition版の初めての統合リリース
  • 焚き火の「簡易」設置モードを追加した。
    • この設定は焚き火の最初の薪炭、火口、点火手順をスキップします。
    • 簡易モードでは焚き火の設置に枯れ木または薪4本が必要で、自動点火されます。「爆ぜる焚き火」として始まります。
    • 初めて焚き火を設置するとき、「簡易」「現実的」のどちらを使うかの確認メッセージが表示されます。「現実的」モードでは歴代のものと同様に火口や点火が必要です。
    • 氷の魔法を使って焚き火を消火できます。炎の魔法、たいまつで殴る、クリックして「点火」で焚き火を再点火できます。
    • 燃え盛る焚き火にアップグレードできます。
    • 簡易モードでは焚き火が燃え尽きるとすぐに消滅します。「やり直し」はできません。必要であれば新しい焚き火を作ってください。
    • 簡易モードでもキャンプスキルが向上します。
    • 簡易モードでは意味がないため、木の枝を集めたり火口を作ったり焚き付けを作ったりできません。
  • より見つけやすくするため、皮なめしの棚にマントのレシピを追加しました。

バグ修正

  • アミュレットが付いていない背嚢のテクスチャーのバグを修正しました。
  • 焚き火を消火する際の遅延を修正しました。焚き火はすぐに消化できます。

Version 1.10.1 SE

  • マントと背嚢を再追加しました。この問題解決を助けてくれたNexus ModsのOusinusに感謝します!

Version 1.10 SE

  • 現在対策中のメッシュ問題によりバーラップ、リネン、革のマントは一時的に使用不可となります。
  • 背嚢は一時的に使用不可となります。これについては待ち受ける驚きがあります :) もうすぐです。
  • 「サバイバルスキル: 本能」が世界の花をハイライトしません。生き物/死体/アンデッドはハイライトされます。
  • ホットキーや設定プロファイルといったSkyUI MCM関連の機能は使用不可です。
  • 他の機能についてはオリジナルのSkyrim版と全く同じです。楽しんでください!

Version 1.9.1

アップデート方法

  • 旧バージョンをアンインストールして新バージョンをインストールし、ゲームデータをロードしてください。

機能追加と変更点

  • インストーラから問題のあるフォントを削除しました。
  • Frostfall 3.2.1のための変更を行いました。

Version 1.9

アップデート方法

  • 旧バージョンをアンインストールして新バージョンをインストールし、ゲームデータをロードしてください。

機能追加と変更点

  • 同梱のPapyrusUtilのバージョンを3.3にアップグレードしました。
  • 同梱のBrawl Bugs Patch scriptsをEnai Siaion氏のModern Brawl Bug Fix 1.04にアップグレードしました。
  • 薪集めのゲーム内所要時間を1時間から30分に短縮しました。
  • 最新のFrostfallとLast Seedのバグ修正・機能追加・変更のサポートに必要な変更を行いました。
  • 機械翻訳を削除しました。第三者による翻訳はこれまで通りサポートされますが、すぐに使える機械翻訳は繰り返される苦情のため提供しません。

バグ修正

  • オブジェクト配置時に使用されるオブジェクトの一部が正しく削除されないことにより発生するバグを修正しました。
  • フォロワー検出の改善:現在ロードされたエリア以外のフォロワーはカウントされなくなりました。
    メインクエストのあるシーンが終わった後、エスバーンが継続的にフォロワーとして登録され続けるバグが修正されるはずです。
  • オブジェクト配置エラーを回避するため、Campfire起動時の配置スレッドの数が1であることを保証します。
  • プレイヤーが非敵対呪文が含む攻撃を受けるとオブジェクト配置システムは配置を停止していましたが、非敵対呪文を除外しました。
  • 一定の条件下で焚き火の次/前/終了のホタルが正しく除去されないバグを修正しました。
    ホタルが消えない場合、いったんそのエリアを離れて戻ってくれば消えるはずです。
  • 薪割り台追加後にMODをアンインストールすると継続的にPapyrusログエラーが発生することがあります。
    この問題が発生した場合、コンソールから 'ClearInvalidRegistrations' を実行するようユーザーに促すPapyrusログメッセージを追加しました。

Version 1.8

アップデート方法

  • 旧バージョンをアンインストールして新バージョンをインストールし、ゲームデータをロードしてください。

機能追加と変更点

  • 「サバイバルスキル: 本能」の改善
    • 探知できる項目を個別に切り替えられます。
    • 歪みエフェクトと効果音の有無が切り替えられます。
    • 収穫可能な花をより簡単に見つけられます。
    • 現在のクエストの次の目標への道筋を見ることができます(デフォルトは無効)
    • 本能スキルが屋内で使えるようになりますが、効果は半減します。
    • 本能スキルの(近くのオブジェクトを光らせる)動作速度と信頼性をより高めました。
    • 本能スキルで強調されたオブジェクトの発光エフェクトの繊維がスムースになりました。
  • その他の変更
    • Frostfall 3.1に必要なバックエンドの修正をしました。

バグ修正

  • 古いバージョン(訳注:v1.7)の焚き火スキルでスキルツリーが残ったままとなるバグの遡及的修正。
    この問題がある場合、アップグレードすると、そのエリアに入ったときに孤立したスキルツリーがゲームから自動的に削除されます。

Version 1.7.1

  • このアップデートはCampfireと依存関係を持つことなくDev Kitを使った火口アイテム作成を可能にするものです。
    • 次の挿入(injected)レコードを追加しました。
      01CC0E0B - _Camp_CampfireItem_GoodWeather (MiscObject)
      01CC0E0C - _Camp_LastUsedCampfireSize (GlobalVariable)
      01CC0E0D - _Camp_LastUsedCampfireStage (GlobalVariable)

Version 1.7

機能追加と変更点

  • Frostfall 3のシェルター召喚に必要なバックエンドの追加と修正をしました。
  • 同梱のPapyrusUtilのバージョンを3.2に変更しました。
  • 焚き火の修正: 多くの意見をいただいた現在の焚き火の働き、楽しい点、楽しくない点を念頭に置きました
    • 点火時のビジュアルとサウンドを全面的に見直しました。石を打って点火する場合、より満足な火花とサウンドが再生されます。魔法で点火する場合、より適切なサウンドとビジュアルエフェクトが再生されます。ドワーフのオイルで点火する場合、炎でオイルが爆発する、より満足なエフェクトを提供します。
    • 点火の成否は確率ではなくなり、低品質の火口を使うと点火に時間がかかるだけとなりました。プレイヤーは火がつくまで点火し続けます(例:カニスの根は晴天時に55%の点火確率でしたが、補正なしで点火までに21秒かかります。以下のスキルのどれかが最大ランクになるとすぐに点火できます)。逆境において時間がとても重要なFrostfallとのバランスを取るのが容易となる、より良い補完です。
    • 点火中にプレイヤーが移動したり攻撃されたりすると火口は失われます。
    • 1回の点火には火口が1つだけ必要です。
    • 焚き火から煙が昇り始めるとほんんど火がついたことを示しています。
    • 悪天候で焚き火をおこすのがより困難になります(時間がかかります)。
    • 「点火(石を打つ)」はキャンプスキルを上昇させます。
    • 「火の達人」能力は石を打って点火する速度を上昇させます。ランクによって点火時間が7秒から28秒短縮されます。
    • 「点火(炎の呪文)」は破壊術を上昇させます(エクスプロージョン呪文1回に相当)。
    • 「点火(炎の呪文)」を使うには破壊術スキルが20以上必要ですが、炎の呪文を覚えている必要はなりました。
    • 破壊術のスキルレベルは呪文で焚き火に点火する速度を上昇させます。20ポイント毎に点火時間が7秒、最大28秒短縮されます。
    • 「点火(たいまつ」は削除されました。
  • チュートリアルの追加:
  • Campfireが過去のFrostfallを見つける方法の改善:
    • 過去のFrostfallのチェックを修正し、検出精度を改善しました。
    • デバッグ情報の重要箇所(ロード順、作者、問題のあるプラグイン名称の逆引き情報)は、ユーザーがトラブルシュートを行う助けとなるよう、エラーメッセージに追加されました。
    • 過去のFrostfallが検出されたものの、ロードオーダー上の位置が判断できないという、よく分からないエラー条件に対応しました。
  • 手順を明確にするため、焚き火作成に必要な項目に接頭語「火をおこす - 」を追加しました。
  • 設置したテントで眠るとキャンプスキルが1日1回だけ上昇します(召喚シェルターではキャンプスキルを得られない代わりに詠唱時に召喚術が上昇します)。
  • 大きな焚き火による「高揚の効果」「鼓舞の効果」ボーナスは、火を起こしたり薪炭を足したりしたときではなく、焚き火から離れたり、消したり、壊したり、自然に燃え尽きたりしたときに付与されるようになりました。焚き火をおこして眠り、翌朝起きたときに火が残っているなら、ボーナスの効果時間が最大になります。
  • Campfire開発キットの更新:
    • Mod開発者がCampfire開発キットを使って独自のスキルツリーを作成できるようになりました。チュートリアル5を参照してください。
    • Mod開発者がCampfire開発キットを使って紹介アイテムや召喚シェルターを作成できるようになりました。チュートリアルは近日公開予定です。
    • 詳細についてはCampfire開発キットの更新履歴を参照してください。
  • Frostfallの見えない熱源の役割を果たす2つの新しいinjected recordを追加しました。これはMod開発者が屋外の温泉のようなものを作成するのに役立ちます。詳細についてはこのページ(http://skyrimsurvival.com/home/frostfall/compatibility-modders/)を参照してください。
  • テントとの対話メニューの「ランタンを使う」は「明かりを使う」に変更されました。
  • 24時間点火されていない焚き火を削除する際、焚き火がアクティブセル内でなくなるのを待つようになりました(プレイヤーの目の前から突然消えることはなくあんります)。
  • 「のした毛皮」の作成方法についての混乱を軽減するため、道具作成時に追加の「のした毛皮」のレシピはデフォルトで表示されます。

バグ修正

  • 焚き火を壊すとき、プレイヤーが投入した以上の薪炭が返却されるバグを修正しました。
  • ボロボロの本を紙のロールに作りかえる際、ボロボロの本がインベントリから削除されないバグを修正しました。
  • 「高度な設置」オプションを無効にしてオブジェクトを設置するとき、アイテム位置がプレイヤーの位置に基づいていたため、地面の傾斜が急だとオブジェクトが地面の下に生成されることがありました。代わりに地形の高さと位置の1つをサンプルとしてそこに設置するようにしました。
  • ほとんど同時に2つのオブジェクトを設置することに関連する問題を解決しました。
  • 設置されたオブジェクトが特定のオブジェクトを追跡する方法に関連する問題を修正しました。
  • 特定のオブジェクトを設置する際、特定の関数が必要以上に頻繁に呼び出されていたバグを修正しました。
  • 配置可能なオブジェクトが完全に初期化されるまでアクティベート/使用されることがなくなりました。
  • 今後に備え、システムがオブジェクトの設置を止める方法について小規模な強化をしました。

Version 1.6

機能追加と変更点

  • 焚き火をおこすとき、生産メニューで点火方法を選べるようにしました。
    • 「火をおこす(炎の呪文)」の点火確率は100%ですが、キャンプスキルは上達しません。炎の呪文を習得している必要があります。
    • 「火をおこす(たいまつ)」の点火確率は100%ですが、キャンプスキルは上達しません。たいまつを持っている必要があります。
    • 「火をおこす(石を打つ)」の点火確率は火口の種類によります。キャンプスキルが上達します。
  • 焚き火のグラフィックは、使った焚きつけの種類により固有のものとなります(以前は木の枝のものを流用していました)。
  • 火の達人はキャンプスキルツリーの最初の能力となりました(臨機応変と入れ替え)。
    • 火の達人は、石を打って点火する際の火のおこしやすさのボーナスを与えるだけとなりました。
    • 臨機応変は、薪集めと焚き火のもち具合のボーナスを与えます。
    • 無効な能力を取得していた場合、アップグレード時に能力ポイントが自動的に返却されます。
  • 上記の変更の一環として「手動で焚き火に点火する」オプションを削除しました。混乱を避け、焚き火をおこす間はプレイヤーを生産メニューの手順に止めておくためです。
    • 炎の呪文やたいまつで火口の置かれた焚き火を攻撃すると、これまでどおり100%の確率で点火できます。
  • 木の枝1本または焚きつけ1本から木の削りくず1つを作成できるようになりました。
  • 「木の削りくず」は火口にすることができ、晴天時には35%、悪天候には5%の点火確率があります。
  • ボロボロの本1つから紙のロール4つを作成できるようになりました。
  • 「紙のロール」は火口にすることができ、晴天時には55%、悪天候には25%の点火確率があります。
  • 焚きつけを作るためにいくつかの既存アイテムを分解できるようになりました。
    • ほうき(焚きつけx4)、木の器(焚きつけx3)、木のおたま(焚きつけx3)、木の皿(焚きつけx3)、フルート(焚きつけx3)、太鼓(焚きつけx6)、リュート(焚きつけx6)、手桶(焚きつけx6)
    • Cheskoからのメモ:木の皿1つやリストにあるアイテムがあれば必要最低限の焚き火をおこせるということです!出発して君の中のマクガイバーを見つけてください。(訳注:アメリカのテレビドラマ「冒険野郎マクガイバー」の主人公のこと。手近の材料と知識で数々の乗り越える。)
  • 焚き火が燃え尽きるまでゲーム内時間であと何時間何分かが分かるようになりました。
  • 焚き火の生産メニューから「薪炭の補充」を選んで燃えている火に薪炭を追加できるようになりました。焚き火の寿命はリセットされます。薪炭の補充によるコストは新たに焚き火を起こすよりも小さくて済みます。
    • 開始時(第1段階)の焚き火には補充できません。
  • 道具作成を使って、たいまつを焚きつけ1つとリネン・ラップ1つに分解できるようになりました。
  • ロングボウの材料が薪2本から1本に変更されました。他のレシピではまだ枯れ木2本が必要です。
  • ベッドロールをクリックする「眠る」オプションが表示されるようになりました。以前の「横になる」はオプションになりました。

バグ修正

  • 午後11時以降に薪集めをしたとき、前日にリセットされる可能性のあるバグを修正しました。
  • Immersive Horsesを使っているとき、馬がフォロワーとして認識されることで不要なふるまいを引き起こすバグを修正しました。
  • 動物のフォロワーが認識されることで不要なふるまいを引き起こすバグを修正しました。Pet of Skyrimとの互換性が向上します。
  • ウィンターホールド内/周辺の魔法の炎のいくつかが熱源として検知されませんでした(Frostfall 3のバグが修正されます)。
  • 稀なOnTentEnter/OnTentLeaveイベントが違った順序で送信されることでシステムがプレイヤーがずっとテントの中にいると認識してしまう現象のため、フェイルセーフ(訳注:安全な方に倒して問題を回避する仕組み)を追加しました。プレイヤーのいる場所が変更される度にプレイヤーが「現在使っているテント」の値をクリアするようにしました。

Version 1.5.2

バグ修正

  • 焚き火やテントから立ち上がったとき、[Jump]を押すと焚き火メニュー/テントメニューが表示されっぱなしとなる問題を修正しました。このバグは1.5で作りこまれたものです。

Version 1.5.1

バグ修正

  • 大きな焚き火が熱源として正しく登録されていなかった問題を修正しました。Frostfall 3.xでこの問題を対策するにはFrostfallの最新版が必要です。すぐにアップロードされるので目を光らせていてください。

Version 1.5

機能追加

  • 氷の呪文なしに焚き火を消せるようになりました。焚き火メニューから「消す」を選びます。
  • 焚き火の火を消すか壊すと、未使用の薪炭が取得できます。
  • 焚き火の近くに座ったときに「起き上がる」オプションが追加されました。テントの中も同様です。
  • (要SKSE)焚き火の近くに座ったとき、[Jump]キーを使って焚き火をアクティベートできます。テントの中も同様です。

仕様変更

  • 同梱のPapyrusUtilを3.1にアップデートしました。
  • 焚き火の近くに座って焚き火を「使った」とき、「スキル」は表示できなくなりました。
  • テントや焚き火を使い終わったあと、使う前のプレイヤーのカメラ状態(1人称/3人称)が適用さます。
  • 枯れ木を集める選択肢は常に表示されますが、適切な斧を持っていないと選択できません。
  • 枯れ木を集める方法を新規のプレイヤーに対して知らせるためのエラーを表示します。
  • Frostfallの将来の機能をサポートするバックエンド機能が追加されました。

バグ修正

  • Complete Crafting Overhaulを使うとき、のした毛皮の材料がスイートロールだった問題を修正しました。
  • 料理鍋を選択しにくかった問題を修正しました。
  • ボロボロの本を使って焚き火をおこすとき、インベントリから本が減らない問題を修正しました。
  • 家具(焚き火/テントなど)を壊したり片付けるとき、そのオブジェクトを使用していたプレイヤーやフォロワーがスタックする問題を修正しました。
  • 設置したオブジェクトを拾おうとしてもオブジェクトが無効/削除されない場合、もう一度試してください。Papyrusのログに警告を記録します。

Version 1.4

プレイ上の変更点

  • Frostfall 3.0に対応したバージョンです。
  • 「Cleaned Pelts(清潔な毛皮)」は「Fur Plates(のした毛皮)」になりました。
    • Complete Crafting Overhaul, Immersive Armors他のModで使われている「Fur Plates(のした毛皮)」と同じものです。
    • これら互換性のあるModがインストールされている場合、同じ生産素材を共有します。
  • Complete Crafting OverhaulとComplete Alchemy and Cooking Overhaulとの深いレベルまでの互換性のため、いくつかの修正がなされました(Kryptopyr氏に感謝!)
  • 特定のサバイバル道具を生産したときの経験値は得られなくなりました。
  • マントには属性関連の付呪しかできなくなりました。

Mod制作関連の変更点

  • Campfire能力システム(の任意のスキルツリー)の能力を得るとき、新しいSKSEイベントCampfire_CampfirePerkPurchasedが生成されます。
  • 追加された互換性をサポートするため、いくつかのinjected(射出体?)レコードが追加されました。すぐに文書化します。

バグ修正

  • 生産メニュー実行時にホットキーが無効化されるようにしました。
  • 装備処理コードの重大なバグを修正しました。
  • プレイヤーがテントの近くにいるとき、Frostfallが火の近くにいると認識する問題を修正しました。
  • 装備監視スクリプトにおいて、頭装備に関する不要なチェック処理を削除しました。
  • テントが存在するセルから出るときの不用なデバッグメッセージを削除しました。

Version 1.3

仕様変更

  • Enhanced Camera使用時に一人称視点でテントに横になれるようにした。
  • 付呪道具使用時のアイドルアニメーションの変更。Enhanced CameraとImmersive First Personの利用者のために。
  • 酔いそうな頭のぐらつきを防ぐため、Enhanced Camera使用時の焚き火使用を三人称視点に変更した。
    • SKSE_EnhancedCamera.iniでbForceFirstPersonCamera=1とbForceFirstPersonSitting=1を設定すれば一人称視点になるがあまり快適ではないはず。
  • テントや焚き火に横になったり座ったりしたときのスクリプト更新速度を少し抑えるようにした。(訳注:0.5秒->1秒)

バグ修正

  • 焚き火の上で革のテント(大)を掴んだ(回収した?)とき、焚き火と土台の石が地面の下に出現しないようにした。
  • 焚き火の上でオブジェクトを掴んだ(回収した?)ときのため、焚き火のパラメータを追加した。

Version 1.2

仕様変更

  • Frostfall 3.0を正しく検知できるようにした。
  • Frostfall 2.6以前を検出するとエラーメッセージを表示する。古いFrostfallが無効にされるまで表示し続ける。

バグ修正

  • 騎乗中やその他の条件時(変身、水泳など)に、ホットキーを使った焚き火作成、薪集め、道具作成、本能スキルの使用を出来なくした。
    • この操作によりゲーム終了するしかないエラーを引き起こしていたので。

Version 1.1.1

機能追加

  • 焚き火を選択して「料理鍋を設置」を選ぶことで、自動的に焚き火の近くに料理鍋を設置できるようにした。

仕様変更

  • 「サバイバルスキル:本能」を使うとき、対象が光る周期をより遅くした。

バグ修正

  • イベントCampfire_OnObjectPlacedとCampfire_OnObjectRemovedで、abIsTentの値が正しく設定されない問題を修正した。

f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

リリース日決定方針:Release Date | Skyrim Survival

訳注:本方針はChesko氏の他のModにも適用されます。

「次のMod/次の更新はいつ来るんだい? リリース日は決まっているのかい?」

いいえ。

以下の理由により、あなたに教えたくありません。

  • 正直なところ、私にも分かりません。
  • うまく動かなかったものを捨ててやり直すといった、これまでにない作業を頻繁に行っています。
  • あなたを失望させたくありません。
  • 架空の日付に責任を負いたくありません。それに、Mod制作という趣味で日付を守るために(より重要な)実生活を犠牲にしたくありません。

ご理解のほど、よろしくお願いします。




f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

日本語訳の更新履歴

  • 2016/03/03 00:50 : 公開
  • 2016/03/04 03:00 : Campfire開発キット・ラインセンスを除き和訳完了
  • 2016/11/21 04:00 : v1.10.3リリースに伴う改訂、変更履歴和訳の追加
  • 2016/12/23 01:00 : v1.11に伴う変更履歴和訳の追記。その他は元サイトが更新されていないのでそのままです

//

Copyright (C) 2015,2017 ThinkingSkeever, All Rights Reserved.
ブログの記事内に記載されているメーカー名、製品名称等は、日本及びその他の国における各企業の商標または登録商標です。
リンクはご自由に。記事の転載はご遠慮ください。記事を引用する場合はトラックバックするか元のURLを明記してください。