読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinking Skeever

Skyrim/The Witcher 3 Modについてのあれこれ。FoModの作り方、Mod導入時のトラブル事例などのニッチな話を書いていきます。a.k.a. BowmoreLover@nexusmods

Nexus Modsニュース和訳:Nexusのみんな、こんにちは! (2015/9/30)

f:id:thinkingskeever:20161030132317p:plain

2015/9/30のNexus Modsニュース Hello Nexus!Nexusのみんな、こんにちは!)の和訳です。
※古い記事ですがNexus Modsのスタッフに興味があったので翻訳しました。コミュニティマネージャーに就任したデイヴ(SirSalami)さんの挨拶です。


Nexusのみんな、こんにちは!
元記事:Hello Nexus!
投稿者:SirSalami
投稿日:2015/9/30 22:51:08

暖かい歓迎をありがとう、ロビン! 恐れながらこのデイヴ、ただいま参上した!

僕は生まれながらのMOD狂だ。子供のころにZZTANSIキャラクターベースのゲーム)を始め、消費と創造的はけ口の両面からモッディングに魅了され続けてきた。さまざまなゲームエンジンに手を出し、必然的に生まれるコミュニティとのやり取りの恩恵を受けてきた。DoomからGTA Vまで、モッディング可能なものならほとんどプレイした。身に覚えのある人もいると思うが、ときどきアドオンのインストールに夢中になりすぎてゲームをプレイするのを忘れるくらいだ! ああ、モッダーの性というやつさ。MODはゲームの寿命を延ばすだけでなく、ゲーム体験を個人向けにカスタマイズしたり、人の情熱を共有することを可能にする。

Nexusは見ているし、ロビンの意見も知っているし、単なるMOD倉庫ではなくコミュニティがあることも知っている。ここは単なるモッディングシーンではなく、部分の総計がNexusよりも多くなることを示した仲間意識の証だ。ホームページの下にあるネットワーク統計(NETWORK STATS)を見れば、この数字がどれほどのものか分かる。モッダー、制作者、熱狂家のみんなの努力のおかげでNexusは高い評価を受けている。誇りに思っていい!

ロビンとポールの監督下で彼らを支援し、みんなのニーズにできるだけ応えるため、コミュニティと一緒に運営のさまざまな側面に関わっていくことになりそうだ。僕がフォーカスするのは、みんなの代表となって、Nexusチームとのコミュニケーションの直通回線の役割を果たすことだ。当たり前だが、ロビンがコミュニティにあまり関与しないと言っているわけじゃない! 彼の関与に僕のが追加されるだけだ。

さらに、モッディングシーンとゲーム業界全般に注目するのも僕の仕事の一つだ。インディーズからトリプルAタイトルまで、まだNexusに参加していないMOD制作者やファンに向けてNexusを宣伝し、成長し続ける人脈により多くの才能を連れてくる。これに関するみんなのサポートはもちろん歓迎だ。

今後予定されているWebサイトデザインの変更に伴い、ここNexusで進行中の出来事を目玉にした新趣向のコンテンツを届けるつもりだ。提供形態はまだ決まっていないが定期的に提供したいと考えている。恐らく短い記事、注目すべきユーザーやMOD制作者、動画、コンテンツといったものになるだろう。自分のアイデアはたくさんあるが、みんなの関心を聞くのは楽しみだし、コミュニティから提出されたコンテンツはとてもオープンなものになるだろう。

僕はユーザーとMOD制作者の両方の立場からNexusを積極的に利用してきたが、みんなが築き上げたコミュニティをより深く理解する義務がある。だから最初はモデレーターの助けを借りて、みんなのことをもっと良く知り、ここでの物事の成り立ちについて理解するために多くの時間を費やすつもりだ。質問やコメント、考え、提案、苦情などがあれば、いつでもeメールで個人的に連絡してくれてかまわない! もちろん、僕は頻繁にフォーラムチャットルームをブラついているから、気軽に声をかけて新人をからかってくれ ;)

お招きいただきありがとう。お役に立てることを願うよ!

Dave "SirSalami" Talamas
dave@nexusmods.com

以上


→ その他のNexus Modsニュース和訳はこちら

Copyright (C) 2015,2017 ThinkingSkeever, All Rights Reserved.
ブログの記事内に記載されているメーカー名、製品名称等は、日本及びその他の国における各企業の商標または登録商標です。
リンクはご自由に。記事の転載はご遠慮ください。記事を引用する場合はトラックバックするか元のURLを明記してください。