読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinking Skeever

Skyrim/The Witcher 3 Modについてのあれこれ。FoModの作り方、Mod導入時のトラブル事例などのニッチな話を書いていきます。a.k.a. BowmoreLover@nexusmods

Nexus Modsニュース和訳:スタッフのおすすめ (2017/2/8)

和訳

f:id:thinkingskeever:20161030132317p:plain

2017/2/8のNexus Modsニュース Staff Picks - 8th February 2017(スタッフのおすすめ 2017/2/8)の和訳です。

スタッフのおすすめ - 2017/2/8

元記事:Staff Picks - 8th February 2017
投稿者:BlindJudge
投稿日:2017/2/8 0:27:29

今週、僕らは古典的なベゼスダのゲーム Fallout 4Skyrimに戻った。SirSalamiはプレイ開始時の呪文を自分で選べるようにしたいと考え、TerrorFox1234は居住地の春の大掃除をしてパワーアーマーの「非表示※1」に挑戦し、僕はダイアモンドシティをもっと魅力的にするのに大忙しだった。

今週は二人のゲスト投稿があり、どちらもフォロワーMODをチョイスした。どちらもスゴいフォロワーなので、ゲーム内の仲間を探しているなら絶対にチェックするべきだ。

君たちのチョイスも是非聞きたいから、コミュニティに推薦したいMODがあれば新しい便利なフォームをチェックしてほしい(自薦不可)。フォームをすべて埋めて、MOD名とその理由を書くこと。忘れないでほしいのは、同じような機能を持つMODが他にあるかもしれないことだ。だから目を凝らし、これが僕たちの個人的なおすすめであることを理解してほしい。うまくいけば、これまで君が知らなかった何かを発見し、お互いに学びあえるかもしれないね。

※1:TerrorFox1234は誰かを「非表示」にしようとした訳じゃないが、本当にやりそうだ…

SirSalamiのおすすめ

https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/1704/images/2840-0-1478299932.jpg
Mod: TrueStart
ゲーム: Skyrim Special Edition
作者: Sohothin

周りに呪文を投げられるのは確かに満足だが、バニラのスカイリムでは真の非魔法キャラクターで開始できないのは変だといつも思っていた。どう選択しようと、ゲーム開始時のキャラクターは常に治癒と炎の2つの呪文を持っている。なぜ治癒? なぜ炎? 九大神だけがご存知だ。

一見何かの制限があるかのようだが、このMODは新しいキャラクターでゲームを開始する際、魔法に関するより多くの選択肢の提供を目指している。これにより、キャラクターはいかなる魔法分野の呪文/スキルも持たずにゲームを開始できる(種族毎の力や効果は維持される)。さらに便利なことに、作者は「Alternate Start」ユーザーのために全ての初級呪文の呪文書をヘルゲンと廃墟と化した牢獄に用意してくれた。だから必要なら、最初に所持している魔法分野を効果的に選ぶことができる。
さらに良い点は、こららの機能はモジュール化されているので、組み込みたいものだけを簡単に選べることだ。選択肢が増えるのはいつでも大歓迎だが、このMODは確実にそれを届けてくれる。ありがとう、Sohothin!

TerrorFox1234のおすすめ

https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/1151/images/5393-0-1449774271.jpg
Mod: Movable Power Armor
ゲーム: Fallout 4
作者: Kentington

これは元のゲームになかったのが驚くくらい便利で効果的なMODだ。このMODは居住地にある他の物と同様、パワーアーマーを拾って移動できるようにするだけのものだ。うん、言いたいことは分かる。ただパワーアーマーを持ち上げられるようにするだけでは「イマージョン破壊」になるってことだろう。でもそれを言うなら、いきなり建物全体を召喚して好きなように動かすことができるよね。

僕がこれを見つけたのはFallout 4をプレイし始めたころだけど、その時はあまり気にしなかった。斬新なアイデアみたいだが、ゲームを変えるほどのものではないと思ったんだ。その時は以前のFalloutと同様、パワーアーマーがレアで貴重な存在だと思っていたから。でも数百時間プレイしてパワーアーマーが山積みになったのでこのMODをダウンロードした。パワーアーマーを一つづつ動かす場合、希望の場所まで歩いて綺麗に並ぶ方向を向いた後、外に出てまた戻ってこなければならない。

とんでもない。僕はFallout 4をプレイしたいのであって、Fallout: パワーアーマー管理シミュレーターをプレイしたいわけじゃない。

これを使えばパワーアーマーを選んで好きなように移動させることができるんだ。みんなの素敵なパワーアーマーのショールームは見せてもらった。今度は自分のショールームを作る番だ!

BlindJudgeのおすすめ

https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/1151/images/21853-0-1486417215.jpg
Mod: Diamond City Expansion
ゲーム: Fallout 4
作者: statsmakten

僕はいつもダイヤモンドシティに少し不満だった。キャラクターが不足していて、連邦の中心として僕が思い描く華やかな大都市ではないからだ。それに個性もない。だから今週はダイヤモンドシティを綺麗にしたり変えられるMODを見て回った。

部屋を追加するものやスタジアムにエリアと機能を追加するものなど沢山のMODがあったが、目を引いたのはstatsmaktenの「Diamond City Expansion」だ。このMODは幻想的で見た目を良くするだけのものだけど、最終的にどこまで拡張するかについての明確なビジョンを持っている。

Diamond City Expansionはstatsmaktenの最高のMODの一つで、その努力と仕上げは格別だ。よく練られた内装と上手く収められた多くのエリアでは、MODで配置された品を愛でることができる。少数の人からカリング問題(訳注:オブジェクトの一部が表示されない問題)が報告されているが、僕はまだ経験していない。

このMODの壮大な拡張計画で今後何を見せてくれるのかを考えると本当にわくわくする。statsmaktenに注目してほしい。そのうちスゴいのが来ると思う。

(ゲスト投稿) Jonril63のおすすめ

https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/110/images/53068-0-1480365589.jpg
Mod: Rigmor of Bruma
ゲーム: Skyrim
作者: Rigmor

Jonril談:
Rigmor of BrumaはRigmor(リーグモル)というフォロワーを追加し、壮大なバックストーリーとスカイリムの伝承に継ぎ目なく編み込まれた18章からなるクエストを提供する。MOD内の台詞はすべて才能ある声優によって吹き替えられ、冒険の中でプレイヤーの感情を大きく揺さぶる。

声優の素晴らしい演技やRigmorのバックストーリーの深み、そしてタムリエルの伝承へのフィット感が、制作者の高度な職人技によってMODに注ぎ込まれており、このMODが大好きだ。

訳注:Skyrim SE版もリリースされています。日本語版もありますのでよろしくおねがいします(自己宣伝)。

(ゲスト投稿) mordivier2

https://staticdelivery.nexusmods.com/images/1431/7018713-1486556674.jpg
Mod: Inigo
ゲーム: Skyrim
作者: Smartbluecat

mordivier2談:
最も驚くべきフォロワーMODで、とても入り組んだ会話が素晴らしい。Inigo(イニゴ)は本当に人間みたいで、すべてのクエストに関してコメントをしてくれる。それに彼はプレイヤーの選択に基づいて変化する個性を持っていて、プレイヤー自身の気質や属性に基づいたコメントをする。

僕はもう彼なしにSkyrimをプレイできない。彼の個人クエストを終わらせるためにまだ最後のアップデートを待っているが、まるで彼が僕たちを冒険友達と思っているかのようだ。また、Smartbluecatはファンにとても敏感で、とても支援的だ。

あとがき

毎週、スタッフの注目を集めたMODだけでなく、Nexus Modsコミュニティから推薦されたMODについても特集していくつもりだ。このリストに掲載したいMODがあるなら、新しい便利なフォームをチェックしてほしい。

もしまだならソーシャルメディアのチャンネルをフォローしてほしい。最新のサイトニュースや記事なんかを随時更新している。

 

以上


→ その他のNexus Modsニュース和訳はこちら

Copyright (C) 2015,2017 ThinkingSkeever, All Rights Reserved.
ブログの記事内に記載されているメーカー名、製品名称等は、日本及びその他の国における各企業の商標または登録商標です。
リンクはご自由に。記事の転載はご遠慮ください。記事を引用する場合はトラックバックするか元のURLを明記してください。