Thinking Skeever

Skyrim/The Witcher 3 Modについてのあれこれ。FoModの作り方、Mod導入時のトラブル事例などのニッチな話を書いていきます。a.k.a. BowmoreLover@nexusmods

Nexus Modsニュース和訳:日曜インタビュー - Jokerine(ジョーカリン) - 多作でニワトリ愛好家のモッダー! (2017/1/9)

https://i.imgur.com/xMq9LWW.gif

2017/1/9のNexus Modsニュース 日曜インタビュー - Jokerine(ジョーカリン) - 多作でニワトリ愛好家のモッダー! の和訳です。

日曜インタビュー - Jokerine(ジョーカリン) - 多作でニワトリ愛好家のモッダー
元記事:The Sunday Discussion - Jokerine - Prolific modder and lover of Chickens!
投稿者:BlindJudge
投稿日:2017/1/9 1:25:56

目次

前書き

今日の日曜インタビューは「ニワトリの女王」ことJokerine(ジョーカリン)だ。Jokerineは本サイトに現時点で245のMODを公開しているが、どれも中毒性と楽しさを見せてくれる。インタビューでは彼女の情熱、ミームへの愛、「仕方なく」モッディングを始めた経緯などが聞けて、とても微笑ましかった。では日曜インタビューをお楽しみあれ。

まず最初に、今回のインタビューを受けていただきありがとうございます。本当に感謝しています。

大歓迎よ! 呼んでくれてありがとう。光栄だわ。

よろしければあなた自身について少し教えていただけますか?

あまり言えることはないわ。ただ夕食を作るだけではなく、ゲームに長すぎる時間をかける海外の主婦ってだけ、あは! ゲームの忌々しいバグが取れなくて時間を忘れたときのために、夕食用のラーメンを備蓄し始めたところなの。

他に好きなのはケーキを焼くこと、ユーロトラックシミュレーター2のデジタルトラックの運転、浜辺を歩くこと、ニワトリを愛すること、午後の編み物、ポッドキャスト、それとあたたかい焙煎穀物飲料ってところ。

ぜひ聞きたいのですが、あなたのプロフィールはニワトリだらけで、書き込みの〆はいつもニワトリです。いったいニワトリと何があったのですか!?

ただひねりが効いて楽しいだけよ! どのニワトリにも個性があるみたいで、本当に首をかしげるほど面白いのよ。ニワトリがテーマのウェブサイトをたくさんフォローしているし、「Storey's Guide to Raising Chickens(ニワトリ飼育ガイド)」の最新版も持っているし、それにAmazonから無料で手に入れたクールな「Just Us Chickens(ニワトリだけの)」カレンダーも持っているの。私の妄想を刺激してやまないわ!

真剣な話、いつか大きくてしゃれたニワトリ小屋を手に入れるのが夢なの。夫は私の情熱を十分に理解してくれているわ。無料の卵があれば彼にたくさんのケーキを焼くことになってコンピューターに夢中になる時間が減ると分かっているからね :P

https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/1704/images/57732-2-1409574701.jpg

モッディングの話に入る前に、あなたのゲーム歴について教えていただけますか?

話せることは本当にないわ。自分のPCをモンスターゲーム機にするお金をかけなくて、全部のゲームをプレイする気なんて全然なかったから、私のゲーム歴はとても貧弱なの。どちらかと言えば昔のラップトップPCで問題なく動作するものにこだわりがちね。

私のSteam購入履歴を確認すると、2009年に初めてSteamから購入したのはハーフライフ:ブルーシフトオポージングフォースの二つ。そして友達からオレンジボックスゲームの余り物のチームフォートレス2(当時は有償だった)を貰った。ハーフライフシリーズは私をゲームに導いてくれたけど、それでも自分のことを「ゲーマー」だとは思っていない。それほど多くプレイしないし、最新の技術やモノを追いかけることもない。スカイリムを手に入れるつもりもなかったけれど、結婚祝いとして友達からもらったの。

とはいえ、私の大好きなゲームはポケモンなの。これは私の子供時代の象徴で、家族の事で本当に大変な思いをしていた私を助けてくれた。部屋の隅に隠れてゲームボーイで小さな動物たちを追いかけ回っていたのよ。

でも悲しいことに、ある日、酔って荒れた母にポケモンの記念品を全部捨てられてしまった。ゲーム機や持っていたゲーム、それに7セットのトレーディングカードも。でも離れた場所に保管していた「ポケモン・ハンドブック」(そうよ、私は相当なオタクなの)とたくさんの人形はかろうじて免れた。国を去って今の場所に移住するときに本は持ってこなかったけれど、ソンブレロを被ったポリゴンを含むいくつかの人形を持ってきた。今は机の上にいるわ。デラックスコレクター版のポケモン公式ハンドブックの古本も買ったし、ポスターを手に入れて壁に飾ることもできた。

自分のお金で中古のニンテンドーDSライトを買ったのはポケモンに関するもの全てを失ったことが主な理由(最初の給料で買った初めての物だった。悲しいことにここ数年は落ち目だけど)。持っているポケモンを(海賊版じゃない)正規版にするのを目標にして、全部正規版にすることができた。

eショップにアクセスできるニンテンドー2DSを持っているというのに、最近は最新ゲームを買うお金の余裕はなくて。今は売れ行きを厳しくチェックしているわ…

お気に入りだったゲーム、または楽しい思い出のあるゲームを選ぶとしたら何ですか?

断然マスエフェクト2ね。冗談抜きで3000時間は遊んだはず。ゲームが終わるとすぐにメインメニューに戻ってもう一度やり直したのを覚えている。世界設定や会話、そして選択肢があるのが大好き。人間的な問題や葛藤を抱えた登場人物、特にジャックが素晴らしい。間違いなく彼女が一番お気に入り。それに戦闘も楽しいし。武器の代わりにパワーを使うこともできるのが戦闘にスパイスを加えるクールなやり方ね。

シリーズ3作品の物理媒体を持っている。今はとても後悔してるかもしれないけど、予約マスエフェクト3コレクターエディションもね。片時も手放せない。不思議なことに手順が複雑なのと公式ツールなんかもないからモッディングすることはなかった。もし出来るならリテクスチャを作るでしょうね。

さっきも言ったように私はゲーマーじゃないから、ウィンドウショッピングの最中にマスエフェクト2のボックス版を見つけて設定がクールだと思ったから買っただけ(50%割引だった!)。私は振り返らない。衝動買いはもうこれきりよ!!!

モッディングを始めたきっかけは? 以前にも経験はありましたか?

友達にそそのかされて、ハーフライフ2を全部ピンクにしたいという馬鹿げた仕事から始めたの。ツールはダサくて私も初心者だったし、永遠に出来上がらないかと思ったけど、リテクスチャを学ぶ良い機会だった。とにかくたくさん変えたかったのよ!

当時は何をやっていいか分からなかったから、理解できるまでとにかくテクスチャを展開して遊びまくった。このテクスチャパックで最終的に大きな進歩を遂げたけど、HDDの故障でファイルを失くしてしまい、もう一度やり直すことはできなかった。ほんの少しのテクスチャとスクリーンショット数枚しか残ってない。活発に取り組んでいたときに設定したMODページを見ると悲しくなるわ、はは。いつかもう一度やり直すかもね。

https://staticdelivery.nexusmods.com/images/1443/7018713-1483892255.jpg

モッディング技術を高めるには新しいことを沢山学ぶ必要がありますが、最良のリソースは何でしょうか?

私の意見だけど、何も考えずに既存のMODを開いてどうやっているか見るのが最高のやり方。これがスカイリムの家MODを微調整したいと思ったときに始めたやり方よ。これならもし壊れてしまってもMODを再度ダウンロードすればいいから、心置きなく弄り回すことができる。だからとにかく開いて好き放題にすればいいわ!

ビデオやチュートリアルを使うかどうかはその人次第だと思う。ビデオを好む人もいれば入門記事を好む人もいるわね。

何にせよ、他のモッダーに助けを求める前に検索することね。あなたのやりたいことを他の人が既にやっているかもしれないし。積極的に行きましょう!

MOD作成のある側面で立ち往生した場合、相談できる相手はいますか?

いつもはNexusフォーラムで質問するけど、本当にあらゆる選択肢を調査しつくして、私の初歩的な知識で嗅ぎ取れないことがはっきり分かったときだけよ。他の人と一緒にハッキングして問題を取り除くのが大分うまくなったと思いたいわ、はは! 特にアニメーションするメッシュが必要な場合は友達のPixelhateに助けを求めるの。彼はとても我慢強くて素晴らしいものを作り出すことができるから。「いつものように助けてPix! <3」ってね。

MOD制作者として、他の制作者と比較したり学んだりしますか?

それほどでも。「ベスト」であることはあまり気にしていないから、他の人の作品と比べることはない。ときどきだけど、面白いMODがあれば自分の手で再現してみることもあるし、仕組みを理解できない場合はどうやっているのか見ることもある。でもそれ以上に、たとえ時間が永遠にかかろうとも自分のペース・自分のやり方で作品に取り組むのが好き。

尊敬できる、または刺激を受けるMOD制作者はいますか?

さっきも言ったようにメッシュを魔法のように扱う友達のPixelhateが素晴らしいわ。それに私がFallout New Vegasに移植したオブリビオンの美しいリソースを制作したStrotiも。それと美しい内装職人のElianora、クリーチャーの達人Mindboggles、驚くべき鎧をサッと作り出せるDragbody、テクスチャのプロのXazomn、それといつもスクリプトを手伝ってくれるSeddon4494とLadezもね。

モッダーのチームで作品に取り組んだ経験はありますか? もしあるなら、仕事の分担方法やお互いのコミュニケーション方法はどうでしたか?

以前にSkyrimMolag Bal's Infernoに参加しようとしたけれど、残念ながら十分な時間がとれなかった。他に思いつくのはSkyrim用のStatosでDDProductions83と協力したことやNew Vegas用のCraftable Placeable Sierra Madre Vending MachineでGOLDENTRIANGLESと協力したことだけど、どちらの場合も別々に作業してから一つにまとめたわ。

いつもは自分一人で作品をつくる傾向があるから、いつでも好きなだけ時間をかけることができる。私は遅くて病気がちだから、プロジェクトを中断して後で復活させることがよくある。私はとても信頼できるチームメイトとは言えないわ、はは!

https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/130/images/62671-1-1482438548.jpg

あなたは多作なことで知られていますが、どこから制作のインスピレーションを得ていますか?

モッディング可能なゲームならほとんど何でも変更できると思っているから、「これは出来る? うまくやれそう?」と考えてからエディタを立ち上げてテストする。もしうまくいったら、人の好みはそれぞれで誰かが興味を持ってくれるに違いないから、MODで使える方法を考えるというのがいつものやり方。

多くの場合、好きな物や面白いことを考えるのが私にとって大切な事。そしてそれをMODにして時間をかける。私のリリース作品の一つ(Tale of Two Wastelands用のカフェ)を制作した(真剣な)理由は、会話で「(プレイヤー名)はクールに去るぜ」という文章を使うことだったと認めざるを得ない。これはジョジョの奇妙な冒険からのミーム。さて紳士淑女のみなさん、私はミームマニアよ。ちょっと恥ずかしいかも…

私は特に好きなものを参考にして自分好みにゲームをカスタマイズして楽しんでいる。たとえば、New Vegas用にカスタム食料一式のためだけに約60MB、その他収集品のために75MBの個人的なMODがある。どちらも低解像度テクスチャ向けに高最適化されていて、同じメッシュの重複を避けるためにテクスチャセットを多用しているので、10MBを超えただけでも驚きだわ。いまだ追加し続けているのよ。

制作に時間と労力を費やす前に、机上で計画を立てていますか?

会話だけね。声優に送る台詞を書き出したり必要なスクリプトを明確にできるから。それ以外はいつも、どこからかMODのアイデアを思いついて、着手できるまでしばらく考えて、それからエディタを起動して開始する。とにかく即興でやって、上手く行かない場合は思い付きで何かを削除したり追加したりする。そして最後にはMODにどれだけの月日をかけたのか不思議に思うことになるのよ…

一番自慢できるMODは何ですか?

はは、選ぶのは難しいわね。うーん… 私のクエストMODが好きな人は奇妙に思うかもしれないけれど、New Vegas用のBuddy Chicken Companionを選ぶわ。

これはニワトリの写真をブラウズしているときに見つけた写真をベースにしたの(怒らないで)。オンラインショップで見つけたクールなニワトリのビンテージおもちゃと恋に落ちてしまったのよ! でも最愛の人から一ヶ月分の食費が無駄になるって全力でダメ出しされたから、とりあえずブックマークしておいたの。結局、おもちゃの写真を何とかテクスチャにできないか友達のXazomnに聞けばいいと思いついた。どんな魔法を使ったのかは分からないけど、とにかく彼女はやり遂げた。だからゲーム内で持ち歩く雑多なアイテムと一緒にスクリーンショットにしてイメージ共有に掲載したの。

友達のBethjunkieがフォロワーにしたらどうかと提案して、(私がやったようなセントリーボットのスケルトンではなく)mindbogglesがアニメーションとスケルトンの作成を手伝ってくれて、Buddy Chickenが現実のものとなったの。このMODはコミュニティがMODに影響を与えることができ、一緒に素晴らしい何かを生み出せることの現れだわ!

https://staticdelivery.nexusmods.com/mods/130/images/61686-9-1460488058.jpg

最近リリースされたMODをチェックしていますか? あなたのMODにフィットしそうなものがありましたか?

Nexusは毎日数回チェックするから新しいMODは見逃さないわ! ゲーム用のMODはほとんど自分で作ってしまうから、一から自分で作れないものでない限りめったに新しいものをインストールすることはない。ほとんどの人がやっているように、様々な調整などをする巨大なESPを作成するだけ。ロードオーダーを減らす必要があるから。

すべてを自分だけで完成させられますか? それとも人に頼まなければならないことはありますか?

本当は自分一人でやりたいけれど、悲しいことにそうもいかない。恥ずかしいことにアニメーション可能メッシュは相棒のPixelhateにお願いすることが多い。彼のチュートリアルや助けを借りて一部は自分で解決できるようになったけれどね。最近はアクセサリーの制作をかじっているけど、衣装全体となると途方に暮れてしまう。異なる体型MODがあるからかなり面倒なの。衣装MODが意図通りに動くようにする場合、パッチを作成するか、キャラクターに独自の種族を設定して、体型MODから全アセットを独立させる必要がある。だから他の人の衣装から自分の目的に合ったものを探し出すことが多い(間違ってるわね!)。そしてもちろん、私のアクセントは世界一悪いから、声優をする機会はありえないわ、はは!

幸い、会話やスクリプトなどの簡単な作業の他に、新しい雑貨・家具・基本的なテクスチャを作成する技術も十分にあるから、あまり絶望していない。とはいえ、あらゆる側面のモッディングができるマシーンというわけではないわ。

ユーザーからの批判はありますか? それは役に立ちますか? イライラさせられますか?

リスペクトがあるなら批判はいいものよ。さっきも言ったとおり、私はモッディングマシーンじゃないし、時には間違いもする。だからバグ発見の手伝いや提案なら問題ない。

でもMODのロアやスタイル/適用範囲/方向性に関する苦情は受け入れられない。私は自分の好みに合ったものを作っているし、利用者が自分の好みに合わせて編集できるのがモッディングの美しさだから。私の追加したものに何かあるなら、否定的なメッセージを残したり不合理な要求をするのではなく、自分でそれを取り除く方が簡単でしょう。

参考までに、Nexus上の私のファイルからブロックされた人は3人だけ(一人はファイル全体、後は特定のファイル)。あまりにも失礼だったから彼らにシェアすることはない。私のMODの数を考えるとかなり少ない数字だと思う。周りにいるほとんどの人は愚かじゃないわ。幸いなことにね。

開発時に互換性を考慮しますか?

あんまり。制作したMODの98%は自分のゲーム用に欲しくて作り始めたものだから、(自分で使うものと)競合しない限りはご機嫌よ。互換性を心配するくらいなら何もしない! New Vegasはご無沙汰だし余っている土地も少ないだろうから、話し合う意味はありそうだけど。

私のMODで互換性の問題があまりなかったのは幸運だった。私の考えだけど、問題の良い回避方法が二つある。可能であればデフォルトのゲーム内関数を複製すること
デフォルトシステムへの変更で他のMODが混乱することがあるから。そしてなるべく僻地に建物を設置すること。家MODの場合、グッドスプリングやリバーウッドよりも、ミード湖や亡霊の海の方がずっと競争率が少ないから。

モッディングを始めようとしているユーザーに何か言うことはありますか?

さっきも言ったように、作りたいMODのためのエディタを手に入れて、好きなMODを開いてどうやっているか見てみること。実験を恐れないで! 常にバックアップを取ること。みんなの正気を保つために、質問する前に検索エンジンで検索すること! そして最後に、あなたの期待を現実にしましょう。インターネット上のスターになるためにMODを制作する気なら、上手く行かないかもしれない。確かにモッディングの有名人がいるけれど、ほとんどはただの趣味なの。議論・事件・ストレスで傷つかないようにすること。あなたが楽しい事だけをやりましょう。

Jokerine、私たちとチャットしてくれてありがとう。本当に感謝します。

https://staticdelivery.nexusmods.com/images/1443/7018713-1483892498.jpg

以上

→ その他のNexus Modsニュース和訳はこちら

Copyright (C) 2015,2017 ThinkingSkeever, All Rights Reserved.
ブログの記事内に記載されているメーカー名、製品名称等は、日本及びその他の国における各企業の商標または登録商標です。
リンクはご自由に。記事の転載はご遠慮ください。記事を引用する場合はトラックバックするか元のURLを明記してください。