読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinking Skeever

Skyrim/The Witcher 3 Modについてのあれこれ。FoModの作り方、Mod導入時のトラブル事例などのニッチな話を書いていきます。a.k.a. BowmoreLover@nexusmods

Skyrim Mod導入トラブル事例:nexusmodsのMODページが表示できない(File hidden/File not foundなど)

f:id:thinkingskeever:20161030132317p:plain

概要

NexusModsのMODページを開いたが、英語のメッセージが表示されて中身が表示されない。


f:id:thinkingskeever:20151114030550p:plain

原因と対策

表示されるメッセージと対策方法は次のとおりです。

File not found(削除された)

nexusmodsからMODファイルが削除されています。

  • 作者がnexusmodsでの公開をやめた、または運営側により削除された可能性があります。
  • MODの名前を変えて新しい名前で公開されている場合もあります。
  • 他のMOD配布サイト(AFK mods、Lovers Lab)や個人サイト(タンブラーなど)で配布されている場合もあります。GoogleでMOD名を検索してみるとよいでしょう。

File hidden(作者による非公開)

作者が一時的にMODファイルを非公開にしています。
"The reason given by the author is:"の右側に非公開理由が表示されます。Google翻訳で翻訳するとよいでしょう。
よくある非公開理由は次のとおりです。

  • bug fix/fix issues:バグ修正中
  • update now:新しいバージョンに更新中
  • I'm tired...:もう疲れたよ…

File under moderation review(運営側による審議中)

運営側による審議中です。

  • MODに著作権侵害/児童ポルノ的なコンテンツ内包/他MODリソース盗用/"Adult-only"タグ不備などの疑念がある場合、運営側による審議が行われることがあります。
  • サイトオーナーやスタッフに対して、ファイル所有者以外が本レビューに関する問い合わせをした場合、BAN(アカウント削除)される場合があります。
  • 運営スタッフのチェックや他のユーザの申告によりレビューが行われるようです。
  • レビューの結果、疑いが晴れて再び公開される場合もありますし、そのまま削除される場合もあります。
  • nexusmodsは権利侵害や児童ポルノコンテンツにとても敏感です。nexusはうるさすぎると敬遠する方もいらっしゃいますが、大手サイトなので外圧も大きく仕方ない面もあります。欧米ににおける児童ポルノ関連規制は想像以上に厳しいです(恐らく日本が甘すぎる)。日本の感覚で大人(18歳以上)に見えるキャラクターでも海外の方からは子供・幼児と見られる場合が多々あります。こういったキャラクターを丸裸にできる設定でMOD化した場合、審議対象となる可能性が高いです。ご注意ください。

Error: Adult-only content(成人限定コンテンツ)

ヌード・暴力表現などの成人向けコンテンツを含むMODファイルには"Adult-only"タグが付与されています。nexusmodsのアカウントでログインし、18歳以上であることが証明されないとページの表示やファイルのダウンロードができません。

nexusmodsにログインしているのに表示できない場合、次の手順で設定を見直してください。

  • ページ右上のアカウント名をクリックし、メニューから"Edit preferences"を選択する。

  f:id:thinkingskeever:20160416103708p:plain

  • "Global preferences"の"Adult content"を"Allow me to see adult content"に変更する。

  f:id:thinkingskeever:20160416103709p:plain

  • ページ最後の"Submit"ボタンを押す

  f:id:thinkingskeever:20160416103710p:plain


Webサイトのメンテナンス中

f:id:thinkingskeever:20161120083944j:plain

サイトが特に混雑している場合、自動的にメンテナンスモードとなり、データベース更新の遅れを取り戻すことがあるようです。多くの場合は5分程度で回復するとのこと。

原文

WE HAVE TAKEN DOWN THIS SITE WHILE WE PERFORM SOME MAINTENANCE.
WE'LL BE BACK SOON SO PLEASE BE PATIENT!


Frequently asked questions

Q) What do you class as "maintenance"?
A) Anything that requires us to take down the sites in order to perform an operation for the benefit of the sites. We use maintenance mode most often when our database cluster has been knocked out of sync or has become uncontrollably overloaded. By putting the site in to maintenance mode it gives the database cluster time to catch up; in maintenance mode it typically only takes 5 minutes to get things back in to order when, left to its own devices, it might have taken hours.

Q) Why do you perform "maintenance" at the worst possible time?
A) Often because we have to, and because 5 minutes of maintenance mode is better than 3 hours of down-time without maintenance mode.

Q) When will the site be back up?
A) As soon as possible! You do not need to contact us telling us the site is down. We know, because we're the ones who put it down!

Q) This problem has been happening for days/weeks/months/years/decades now, when are you going to fix it?
A) Believe us, we know. All our time and effort is going in to fixing it. You're annoyed, we're annoyed. We're all annoyed. If you'd actually like to know the reasons behind it all, what's going on and what we're doing to try and fix the issue then your best source of information is the site news. Robin writes regularly and extensively on what's going.

和訳

メンテナンス実施中のため本サイトをダウンさせました。
すぐに復帰するのでご辛抱願います!


よくある質問

Q) どういった種類の「メンテナンス」なの?
A) サイトのための作業を実施するためにサイトをダウンさせる必要がある全てだ。データーベースクラスタの同期が停止したり過負荷が制御不能になったりした場合によくメンテナンスモードを使う。サイトをメンテナンスモードにすることで、データベースクラスタに(同期の)遅れを取り戻す時間を与える。通常、メンテナンスモードが元に戻るには5分しかかからないが、各機器にもよるので、1時間かかるかもしれない。

Q) どうして最悪の時間に「メンテナンス」を行うの?
A) 多くの場合その必要があるからだ。それにメンテナンスモードを使わず3時間ダウンするよりもメンテナンスモードを使って5分ダウンする方が良いからだ。

Q) サイトはいつごろ元に戻るの?
A) できるだけ早く! サイトのダウンについて僕達に連絡する必要はない。僕達がやったことなので分かっているからね!

Q) この問題はここ数日/数週/数か月/数年/数十年にわたって発生している。いつ修正するつもりなの?
A) 僕達は分かっているから信じて欲しい。いつも修正する努力をしている。君達がイライラすると僕たちもイライラする。みんなイライラする。背後にある要因、何が起きているのか、問題解決のために何をしているのか知りたいのであれば、最高の情報源はサイトニュースだ。ロビン(サイトオーナー)が起こっていることについて定期的に広範囲に書いている。

本記事の更新履歴

2016/04/16 11:00 - 初回公開
2016/11/20 08:30 - メンテナンスの場合の説明を追加

//

Copyright (C) 2015,2017 ThinkingSkeever, All Rights Reserved.
ブログの記事内に記載されているメーカー名、製品名称等は、日本及びその他の国における各企業の商標または登録商標です。
リンクはご自由に。記事の転載はご遠慮ください。記事を引用する場合はトラックバックするか元のURLを明記してください。